ストレッチが健康を左右する? なにもしないで硬くなるリスク!

ストレッチ 健康

突然ですが、普段からストレッチをする機会はありますか? 

これからのお話しは健康や姿勢を保つのことが、とっても重要であるというお話です。

特に仕事上座ってパソコンを使うことが多いデスクワークの方は特に必見です! 

デスクワークは首や肩は疲れますし、腰も痛くなることもしばしば。

「そんな時にストレッチ! 」と思ってもいきなり始めたら周りの目が気になったり、そもそも時間がもったいないと思うかもしれません。

ですが、そのままにしていると体の節々から悲鳴がなりやまなくなり、気づいた時には手遅れになる場合も…

そこで今回は健康を左右するかもしれないストレッチについて紹介します。

是非、参考にしてください。

 

スポンサードリンク

なにもしてないのに体が痛くなるのはなぜ!?

「なにもしてなんですけど体が痛いんです。」

こういう方が結構いますが、なにもしてないからこそ痛くなりやすいのです。

人は基本的に動いて生活をする動物ですが、現在では動かなくても生活できる環境が多くなっています。

ネット通販での買い物、SNSなどでオンライン会話、パソコンやスマートフォンがあれば、多くの事ができるようになり同じ姿勢でいる時間が自然と増えました。

実は筋肉や関節を動かす頻度が減ることで体が硬くなり痛みを引き起こす原因になります。

ざっきー
何も動かないからこそ体が痛くなるのは今の生活にかなり関係があるんだね…気をつけなきゃ。
ゆい
そうだね。だからこそ何故、痛くなるのか原因がわかると対処できたりもするよ!
ざっきー
そうだね! まずは原因をするところから始めるね!

悪循環の原因をまとめて紹介!

悪循環の原因は実は動かず姿勢を保つ時にこそ筋肉を使っているということです。

『それはちょっとね…』と思った人はこの方法を試してみてをしてください(笑)

30分ウォーキングするのと、30分その場でピンと真っ直ぐ立って静止してください。

どちらも大変そうですが、真っ直ぐ立っている方が大変です。

動いている時は負担が分散されますが、動かずにいると同じ箇所にずっと負担をかけ続けることになります。 

姿勢を維持するためには常に必要な筋肉を使っているということになります。

何もしなくても体が痛くなる原因
  • 動かなくても筋肉は使っている
  • 姿勢を保つ筋肉は常に緊張している
  • 緊張で血液循環は悪くなる
  • 血行不良で痛みが出てくる

痛みで体を動かしたくなる前に出来る限り、体は少しでも動かすことが大切です!

なので私はこまめに体を動かし、心も体もリフレッシュするように意識するようにしています。

仕事の合間5分ずつでもいいのでも少し体を動かすだけでも変わりますよ!

まずは簡単なことから始めてみましょう!

体が痛くなる前の対策としてストレッチがおすすめな理由

少しの時間でも心身ともにリフレッシュ効果があるストレッチはおすすめです!

ストレッチがおすすめな理由
  1. 体を柔らかくなる
  2. 体の凝りや痛みなどの解消効果がある
  3. 美姿勢やむくみなど美容にいい
  4. 運動後のケア

私が主にストレッチをしているのは仕事中です!

仕事の合間でも簡単にできますし、やった後では集中力が変わります。

デスクワークしていると体が硬くなったり痛くなったりとするので、試してみてください!

ゆい
人前でストレッチをするのが恥ずかしい方は人目が気にならないトイレの個室などで簡単に体を伸ばすだけでも変わりますよ!

伸ばす筋肉は意識することが大切

ストレッチの本を読んでいると、『ここの筋肉を意識して伸ばして下さい』と書いてあることありますよね?

ここのポイントが実はとても大切なことなのです!

ただただ動いているだけではストレッチの効果が十分に発揮しない場合があります。

どのあたりを伸ばすのか意識をすることでしっかりとした効果を発揮します。

大体の感覚でいいので大体どのあたりを伸ばしているのか意識することが大切です!

ざっきー
どこを伸ばすかを意識するだけでもかなり効果が変わるので試してみよう!
何もしないと体が痛くなる原因と対処法まとめ
  • 体が痛くなる原因をまずは知りましょう
  • 時間や場所に制限されないストレッチがおすすめ
  • ストレッチをする時はどこ場所を伸ばしているか意識するだけで効果UP!

 

もうこれで謎の痛みとサヨナラ! おすすめストレッチを紹介!

体が痛くなる原因と対処法がわかったところで次はおすすめのストレッチを紹介します!

紹介するストレッチは各ジャンル別なので目的にあうストレッチをチョイスするようにしましょう!

スタティックストレッチ

これは一般的なストレッチでゆっくりと時間をかけて行うストレッチです。

大体10〜30秒数えて伸ばしていきます。

感覚としては、痛気持ち良いくらいで伸ばすのが良いです。

思いっきり伸ばそうとすると逆に体を痛めることになるので気を付けましょう。

スタティックストレッチのポイント
  • どれも簡単に出来る基本的なストレッチ
  • しっかりと時間をかけて体を伸ばすことを意識して行うことが大切
ゆい
普段の生活でリフレッシュしたい時におススメなストレッチ法だね!

ダイナミックストレッチ

スタティックとは逆の大きく関節を動かして伸ばしていくストレッチになります。

ラジオ体操がイメージしやすいですね。

関節を大きく動かすことが特徴ですが、体に痛みなどがある場合はできる範囲でやりましょう。

ダイナミックストレッチのポイント
  • 体全身を使って行うストレッチなので血行が良くなる
  • 朝行うことによって体の調子を整える
ゆい
無理しないで自分の出来る範囲でストレッチすることが大切だね!

バリスティックストレッチ

筋肉の反動を使ったストレッチで、アキレス腱を伸ばすときや開脚をしながら相手に背中をグイグイ押してもらうのがイメージしやすいと思います。

始めは反動を小さくから徐々に大きくしていきましょう。

最終的に限界までいきますが、無理しないように心がけてください。

ゆい
少しずつ大きく体を伸ばしていくことがこのストレッチのポイントなので抑えておこう!
おすすめストレッチ
  • スタティックストレッチ
  • ダイナミックストレッチ
  • バリスティックストレッチ

普段の生活のリフレッシュや運動後には『スタティックストレッチ』

運動前は『ダイナミックス、バリスティックストレッチ』がおすすめです!

 

体のバランスもストレッチと同じくらい大切?

デスクワークや普段の生活行動は無意識のうちに同じ動きになってしまい、それが癖となって体のバランスを崩す原因になります。

バランスが崩れた体は疲れが溜まりやすく、呼吸が浅くなり集中力の低下にもつながり仕事の効率にも関わることもあります。

ここからは硬さを取り除くことで姿勢が良くなり康につながるポイントをお伝えしていきます。

硬くなってしまった体は・・・

  1. 本来の力が出しにくい
  2. 疲れやすい
  3. けががしやすい
  4. 血液循環が悪い
  5. 痛みがでやすい

このような悩みはストレッチをすることで改善されやすいです。

本来の柔軟性を取り戻すことでパフォーマンスは上がり血液循環も良くなることで疲労回復も早くなります。

血液循環が良くなるということは凝りやむくみの改善にも繋がるので美容にも効果があり、高いヒールを履いている女性の方は、むくみやすい足にも効果が出やすいでしょう。

そして美容に関係するとすればもう1つは姿勢ですが、デスクワークをやっていると背中が丸くなっている方多いと思いませんか?  

パソコンやスマホを使っている姿勢は大体の方が背中を丸め、肩が内側に入り頭が下がっています。

前側の筋肉を沢山使うことで硬くなり、肩甲骨側の筋肉が弱くなっている状態です。

これが猫背になる大きな原因の1つです。

筋肉はより強い方に引っ張られ、偏りが強くなるほど姿勢は歪みはやすくなります。

猫背であれば前側を伸ばすことで縮まった筋肉を伸ばし、前後のバランスを整えてあげると姿勢が綺麗になりやすいです。

バランスを取れるようになると

  1. 姿勢が良くなる
  2. 血液循環が良くなる
  3. 怪我の予防になる
  4. 疲れにくくなる
  5. 健康の維持につながる

姿勢が良くなるだけで健康だけではなく、自信がある人や美くしく見える人になるので、実感を持ってストレッチを行えると楽しいでしょう。

生活・行動を意識すると・・・

普段、私たちは無意識のうちに行動することが多いです。

その生活が体の癖をつくり、姿勢に影響します。

ポイントをまとめますので、自分はどうなのか意識してみてください。

歪みやすい生活
  • 寝る姿勢はどちらかの横向きに偏ることが多い
  • テレビを観る時は正面よりも顔が斜めで観る位置にある
  • ショルダーバッグは常に同じ肩にかける(ハンドバッグも同じ手で持つ)
  • パソコンを使う時は背中が丸まっている
  • スマホを使う時に下を向く
  • 靴のすり減り方が均等ではない
  • 足を組むことが多い
  • どちらかの肘ばかりつくことがある

この他にもたくさん癖はあることでしょう。

この無意識に行っていることが体のバランスを崩してますので、ぜひ気にして修正してみてください。

同じ方向に横向きで寝ていることが多いのであれば、反対になる時間をつくってください。

ショルダーバッグも同じ肩にかけるよりも、反対側にかけることもしてみてください。

リュックにして左右均等に負担を減らすのもありです。

バランスよく体を使う意識が出来ると、姿勢を保ちやすく痛みの予防にもつながります。

柔らかさと硬さはとても大切

足のもも裏は柔らかいけど、もも前は硬いー。なんてことありません? 

正座したまま後ろに寝れるのに、前屈は手が床につかないぞーなんて(笑)

怪我や痛みが出やすい人姿勢が悪い人の特徴として前後左右のバランスが極端にとれてないことにあります。

ぽっこりお腹で腰が反っているのもいい例ですね。

あれは腹筋が弱く背筋をメインに体を支えているので腰痛になりやすいです。

健康を保つためにも、体の硬さと柔らかさを前後左右で差を無くすことが大切になります。

ストレッチだけではなく、弱った筋肉を鍛えるとよりいいでしょう。

難しく考えず、硬い部分と柔らかい部分でやることを変えてあげるといいと思います。

ストレッチが健康的になる理由のまとめ
  • 固くなった体もストレッチをすることによって改善(疲労回復や美容効果もある)
  • 普段から意識することによって改善
  • 体のバランスを良くすることによって健康を維持(筋肉のバランスを意識)

 

体のバランスを改善するのにおすすめな3種の神器紹介します!

体のバランスをよくするのにおすすめのグッズも紹介します。

是非、参考にしてください。

ストレッチポール

ストレッチポール」は背面を緩めるのにとても良いです。

背中側は意識しづらい箇所でありストレッチが難しい方もいると思いますが、これを使うととても簡単に気持ちよくできます。

最初はなにもせず仰向けに寝てください。

その感覚を覚えててください。

次はストレッチポールを使った後に仰向けに寝てください。

体が床に吸い付く感覚があると思います。

背面全体が緩んだ証拠です。

この感覚がとても気持ちいいので是非試してほしいです。

骨盤サポートシートバックジョイ

「バックジョイ」は子に座る時に姿勢を正してくれるサポートアイテムです。

どうしても姿勢が悪くなる。腰が痛いという方にオススメです。

姿勢を正すだけではなく、座りながらにして腰が動かせるようになってます。

腰が回せるため一箇所にかかる負担を減らしてくれるという優れものです。

 

バンドゴムチューブ

「ゴムチューブ」は普段運動をしない方でも簡単に始められます。

引っ張るだけで適度な負荷を感じられ、お家でちょっとした時間にできるのが素晴らしいです。

ゴムの強度も弱〜強と選べますのでご自身にあったものを選びましょう。

体のバランス改善におススメな3種の神器
  • ストレッチボール
  • 骨盤サポートシートバックジョイ
  • バンドゴムチューブ

 

スポンサードリンク

まとめ

普段から体をあまり使わないとどうしても負担がかかってしまい、体のあちこちにガタが来てしまいます。

そこで少しでも体を動かすことによって改善される場合があります。

そこで今回紹介した

  • 体が痛くなる原因を知ることで対策できる
  • ジャンル別のストレッチ法を知ることで更に健康的に
  • 体のバランスもストレッチと同じくらい大切なので意識する
  • ストレッチと体のバランスを効率よくするグッズは積極的に使うと更にいい

以上の覚えておきましょう!

自分の体を大切にすると、普段の生活もとても楽しく過ごせるようになります。

ストレッチもトレーニングも体だけではなく、心もスッキリ気持ちよくなりますので、楽しみながら継続してもらえると嬉しいです。

是非、日々の疲れや謎の痛みを少しでも和らげるために試してみてください。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください