長生きを目指すための秘訣って? 男女別に違う要素をご紹介!!

日本には現在、100歳を超える方が6万人以上いると言われています。

少子高齢化が進んでおり、最近では若者よりも元気な高齢者が多くなっているようにも感じます。

私が小さい頃の周りの人は60歳にもなると腰が曲がってきて年取ったなぁなんて

思っていましたが、最近の60歳の方はバリバリ現役なんて方も少なくないですよね。

元気に長生きをするというのは皆さん共通の思いなのではないでしょうか。

実は、最近の調査で長生きの要素は男性と女性で異なるって事を聞いたことありますか?

ここではその男女別の長生き秘訣についてご紹介していきますね。

 

スポンサードリンク

長生きの秘訣は男女で違う!? 知っておきたいポイントとは?

健康寿命を延ばす取り組み

年齢を重ねてくると、健康に関して興味がどんどん湧いてきますよね。

若い頃は恋バナやファッションの話に花を咲かせていたけど、

気づけばこれを食べると痩せる、とか健診の結果が…なんて話が周りで多くされていたりします。

そういう時に自分の年齢を感じてしまう事がありませんか?(笑)

ここでは、そんな情報に惑わされないように元気に長生きするための要素

男女別にお伝えしていきますね。

男性の場合は〇〇が決め手!

男性が長生きするために必要な要素は、「活動量が多い事」です。

体を動かすことは食欲が増えたりストレスの解消につながるなど、いい事が多いですよね。

活動量が30分以下の方と90分以上の方を比べると、

なんと39%も長生きする確率が上がるんです。

さらに活動量が30分増えるごとに長生きの可能性が5%も上がります。

男性は仕事に力を入れている方が多く、定年を迎えた後家に引きこもる方も多いのですが

なるべく体を動かすようにすると長生きできる可能性が増えるという事ですね。

若いうちから運動の仲間やパパ友など仕事以外の人間関係を大切にしたいものですね。

ざっきー
年をとってからも身体を動かす工夫はたくさんあるよ!
関連記事
特に意識して運動しなくても、日常生活の中で体を動かす工夫はたくさんあります! ぜひ参考にしてくださいね。

健康寿命を延ばす運動とは? 今からできる4つの習慣はコレだ!

2019年7月20日

女性の場合は全世代が気にしている〇〇にあった!

女性が長生きするために必要なことは、「体型をキープすること」なんです!

若い頃から太りすぎず痩せすぎない標準的な体型をキープしている方は、

元気に長生きができるというデータが出ているんですよ。

年齢を重ねると、ガリガリに細いよりは少しふくよかな方が健康的に見えますよね?

そのため、体重という数字に左右されずに自分がきれいだと思える体型を目指すことが大事ですよ。

若い頃は50㎏なかったのに…なんて過去にこだわりすぎると逆効果になるので

気をつけたいですね。

ゆい
活動量も体型の維持も健康のためには大切だけど、性別によって重要視するポイントは違うのね!
ざっきー
僕は活動量が大事なのか…今から交友関係を広げておくことも大事だね!
ゆい
友達が増えることで、趣味や好奇心、生きがいにもつながるね!
男女別! 長生きの秘訣とは?
  • 男性は活動量の多さが重要! 90分以上動くと効果的です。
  • 女性は体型の維持がポイントです。理想的な体型は自信や生きる活力にもつながりますね。

 

要チェック! 健康で長生きしている人の食事のルール4つはコレ!

長生きに大事なものと言えば、まずは「食事」ではないでしょうか?

病気や認知症に悩まされない生活は、高齢者にとって理想ですよね。

と分かっているはずなのに食習慣に問題のある方は多いんです…。

ここでは、健康長寿を実現するための食生活のポイント4つをご紹介していきますよ~。

若い頃からでも習慣づけることで健康につながるのでぜひ参考にしてくださいね。

3食を欠かさず食べる

健康な高齢者がまず行っている事は、3食をきちんと食べる事なんです。

高齢になると、食事の量が少なくなったり噛むことに疲れて

途中で食べる事を諦めてしまったりしてしまいます。

そんな状態が長い間続くと、栄養不足になってしまいますよね。

若い頃なら蓄えられた脂肪や筋肉を分解することである程度は維持できるかもしれませんが、

高齢になると蓄えられる栄養も少なくなります。

1日3回の食事で、バランスよく栄養素を取り入れたいですね。

ざっきー
僕も忙しい時は食事を抜いちゃうことがあるな…気をつけないと!

野菜をよく食べる

長生きをするにはタンパク質が大事だとよく言われていますが、やはり野菜も重要なんです。

野菜には肉や魚には入っていない栄養素が豊富に含まれており、お腹の調子を整えてくれますよ。

また、ご飯から食べてしまうと血糖値が急激に上がって体に負担がかかってしまいます…。

野菜から食べ始めることで体に負担がなく栄養を摂ることができるので試してみたいですね。

1日の野菜の目安量は350gと言われています。

1食当たり両手のひらに1杯の野菜を摂れるようにするといいですよ。

ゆい
用意が難しい場合は、野菜ジュースの力を借りるといいね!

魚介類をよく食べる

高齢になると、魚より肉を食べる事が大事という情報もありますよね。

ですが、基本的には偏らずにバランスよく食べる事が大事なんです。

その中でも、長生きしている方は魚をよく食べている方が多いんですよ。

魚は肉と同じく動物性のタンパク質の供給源になりますが、

その他にも血液をサラサラにしてくれる成分がたくさん入っているんです。

魚はカロリーも低くあっさりしているので、食欲がない時でもお肉より食べやすい事もありますよね。

また、料理すると柔らかくなるので歯に自信のない方でもおいしく食べる事ができますよ。

自分の体調と相談しながらたんぱく質源を選びたいですね。

意識して水分を摂る

高齢になってくると、喉の渇きや気温の変化に少しずつ鈍感になっていきます。

また、クーラーの風を嫌う方も多いですよね。

人間は70%以上が水分でできており、水分はとても大事なものなんです。

脱水症になってしまうと、せっかく食事でとった栄養素が体中に届かなくなり

思わぬ病気につながってしまう事もあります…。

本人の意識も大事ですが、周りの人が必要な水分量が摂れているかチェックするのも大切ですよ。

若い方でも水分の代わりにお酒やコーヒーを飲んでいる方は多いので、

純粋に体の水分になる水やお茶をしっかり飲むようにしましょうね。

ざっきー
お酒やコーヒーは水分としてカウントしちゃいけないんだね…
ゆい
お酒やコーヒーは体の中の水分を出してしまう作用があるから気をつけないとね!
健康で長生きしている人の食事のルール4つ
  • 3食欠かさず食べる
  • 野菜をたくさん食べる
  • 魚介類をよく食べる
  • 意識して水分を摂る

 

健康の常識を疑え!? 長寿を目指すために気をつけたい事4つとは?

昔から健康の秘訣はこれだ! という常識はたくさんありますよね。

小さい頃に言われてきて当たり前だと思ってきた常識は今、見直されつつあるんです。

ここでは特に高齢の方が気をつけてほしい間違った健康の常識4つについてご紹介していきます。

正しい習慣で長寿を目指しましょう。

激しい運動は×

目安はうっすら汗をかく程度

適度な運動は長生きのためには必要ですが、息が上がるほど激しい運動は逆効果です。

体の中で活性酸素という体をサビさせるものが発生し、細胞を傷つけてしまいます…。

高齢の方にとって「適度な運動=うっすら汗をかく程度」の運動だと覚えておいてくださいね。

また、今まで運動を行っていなかった方が急に激しい運動をしてしまうと

ケガや骨折などにもつながってしまうので注意しましょう。

運動を行うのにベストな時間帯は?

朝早く起きてジョギングやラジオ体操をしている方っていませんか?

夏の時期は問題ないですが、秋~春にかけては朝の気温が低くなるので注意が必要ですよ。

気温が低い中で運動すると、血管に負担がかかって血圧が上がり

脳や心臓にダメージがかかることがあります。

高齢の方が体を動かすには、体温がしっかり上がった夕方に行うのがおすすめです。

早寝早起きを気をつけすぎると…

年齢を重ねると、一度に眠れる時間は6時間程度まで短くなってしまうんです。

早寝が大事といっても夜21時に寝てしまうと、朝の3時くらいには目覚めてしまう事になりますよね。

その習慣が長く続いてしまうと、生活のリズムが乱れて疲れやすくなってしまいます…。

起きる時間を逆算して、0時くらいに寝るとちょうど朝の6時くらいに目覚めることができますね。

ですが、夜寝ると朝まで起きずにぐっすり眠れる方もいらっしゃいます。

一度、自分の快適な睡眠時間を測ってみてもいいかもしれませんね。

半身浴で体温アップ?

半身浴を行うと、長時間浸かることができるので体温を上げたり

代謝を上げてくれるという話は聞いたことがありますか?

この半身浴も実は、高齢の方にとっては負担になってしまうものの1つなんです。

まず、お風呂に長時間使っていると汗をたくさん書くので脱水症状につながってしまいます。

また半身浴だと水圧の力が弱いので、血流をよくする効果も半減してしまいます…。

お風呂に入る際はぬるま湯にゆっくり全身で浸かる方が健康の効果は高まりますよ。

ゆい
冬は脱衣所の温度が低くて問題になっているね…。お風呂の中以外の環境も考えてみよう。

長生きするには粗食が大事?

少し前までは、「長生きするためには粗食が大事! 」とよく言われていましたが、

最近ではその常識がひっくり返りつつあります。

健康に良いとされる玄米は、栄養素を効率よく吸収するためになんと50回以上は噛まないといけません。

高齢の方には大変な作業ですよね…。

また、野菜や魚をバランスよく食べるのは大切なのですが偏りすぎるのもよくないんです。

血中の脂質が多い方ほど長生きしているという統計の結果もありますので、

ある程度お肉も必要だということですね。

関連記事
高齢者にとってなぜ粗食が良くないのか、この記事で詳しく説明しています! 一度見てみてくださいね。

長生きするために! 粗食では控えるべき肉類が健康に役立つ!?

2019年7月28日
健康の常識を疑え!? 長寿を目指すために気をつけたい事4つ
  • 激しすぎる運動は行わない、朝早い運動も要注意
  • 早寝早起きを徹底しすぎると逆に生活リズムが乱れる
  • 半身浴よりも全身浴を楽しもう
  • 粗食の偏りすぎに注意

 

スポンサードリンク

まとめ

長生きするための秘訣として必要な要素を男女別にご紹介しました。

性別によって長生きするための要素が変わってくるのは驚きですよね。

  • 男性は活動量の多さによって長生きできるかどうかが決まる
  • 女性は体型の維持できているかどうかで長生きになるかが決まる

この事を分かっておくだけでも、今から心がけることができることはたくさんありますね。

性別によって秘訣は異なってきますが基本的な部分は同じです。

それは、「よく食べ、よく動き、よく笑う事」なんです。

体が元気なのはもちろん、心が元気なことも長生きするうえでは重要になってきますよ。

今は少なくなってしまいましたが大家族の中心で生活を行う事や、病気の治療中であっても

やりたい事に向かって前向きに過ごしていると長生きにつながってきますね。

今から体と心の元気につながる習慣や趣味を見つけてみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください