日本人なら健康は味噌から! 美容にも良いその驚きの効能を紹介

味噌は、長い歴史の中で私たち日本人の食と共にあります。

日本においても食の多様化が進み、西洋等の食事がメジャーになってきましたが、

伝統的な食材である味噌は、近年その秘められたパワーが認められ、

健康や美容にもたらす価値が改めて見直されてきています。

今回はそんな健康食品、「味噌」について紹介していきたいと思います!

 

スポンサードリンク

味噌を食べて健康に! その秘められたパワーとは

大豆よりも豊富! 発酵により栄養素が増加

味噌の原料である大豆は、「畑の肉」と言われるほどで、もちろん多くの栄養素を含んでいます。

しかし、その大豆を発酵させることで、さらに栄養素が多く作られます。

また、大豆のタンパク質は発酵の過程でアミノ酸になり、

必須アミノ酸という、生命維持に必要な8種類もすべて含みます。

必須アミノ酸の種類と効果
  • バリン…疲労回復に役立つ
  • ロイシン…血糖値を調整する
  • イソロイシン…筋力を増強する
  • ヒスチジン…脂肪燃焼を促進する
  • トリプトファン…疲労回復に役立つ
  • メチオニン…脂肪の代謝に関わる
  • フェニルアラニン…記憶力を改善する
  • リジン…集中力を高める
  • スレオニン…脂肪肝を防止する

大豆はそのままだと少し消化吸収されにくいところもありますが、

味噌にすることで、体に吸収されやすくなります!

ざっきー
栄養素も増えて消化吸収もされやすいんだね!

味噌を食べて美肌に! 美容への効果

「味噌」と「美容」、なかなか結びつかないふたつですが、

実は味噌は、美容に効果があります!

味噌には、ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12、パンテトン酸、葉酸)が多く含まれています。

ビタミンB群はお肌にとても良い栄養素です!

それぞれの効果について簡単に紹介します。

  • ビタミンB群全般…皮膚や粘膜の健康維持にかかわる
  • ビタミンB1…糖質からのエネルギー生産を促す
  • ビタミンB2…糖質や脂質の代謝を促し、不足すると口角炎や皮膚炎などを起こす
  • ビタミンB6…タンパク質からのエネルギー生産を促す
  • ビタミンB12…赤血球の形成を助ける
  • パンテトン酸…糖質や脂質の代謝を促す
  • 葉酸…赤血球の形成を助ける
ゆい
ビタミンB群は、お肌の健康にとっても大事なのね!
ざっきー
不足するとパフォーマンスも低下しそうだね

抗酸化作用で老化を抑制!

大豆が発酵し、味噌になっていく過程の中で、「メラノイジン」という成分が作られます。

メラノイジンは食べ物の風味に関する成分であり、抗酸化作用を持つことでも知られています。

メラノイジンの持つ抗酸化作用は強力で、細胞の老化を防止する効果があります。

味噌の他にも、しょうゆやビールにも含まれています。

体を若々しく保つためにも、ぜひ味噌を食事に取り入れたいですね!

ゆい
味噌はアンチエイジングにも良いのね!

意外な効果! 味噌は乳がんの予防にもなる

国立がん研究センターの予防研究グループが実施した研究によると、

  • みそ汁の摂取が多いほど、乳がんになりにくい
  • 1日3杯以上みそ汁を飲む人達で乳がんの発生率が0.6倍、つまり40%減少している

引用元:国立がん研究センターHP

ということが分かっています。

近年、日本においては乳がんにかかる人が増えてきています。

がんの予防はなかなか難しい状況にありますが、

味噌汁を飲めば飲むほど乳がんのリスクを低減させることができます!

ゆい
乳がんの予防になるなんて知らなかったわ!
味噌の効果について
  • 大豆よりも栄養素が豊富で、必須アミノ酸をすべて含む
  • ビタミンB群が美容に効果をもたらす
  • 抗酸化作用で老化を防止可能
  • 乳がんのリスクを低減可能

 

味噌にはどんな種類が? その違いについて簡単に紹介

「味噌は味噌」と思っている方も多いと思いますが、味噌はその原料によって種類が異なります。

日本で最も多く作られ、消費されているのは「米味噌」ですが、それ以外の種類もあります。

それぞれの特徴や違いについて紹介していきます!

バランスの良い米味噌

日本の味噌のうち約8割が米味噌と言われ、スタンダードな味噌です。

大豆と塩に米を加えて作られ、東日本でメジャーな味噌です。

米、麦、豆味噌の中では栄養素のバランスが良いです。

甘いものから辛いものまで、味は様々であり、

「白味噌」と言われるものは、米味噌の1種類になります。

食物繊維の豊富な麦味噌

大豆と塩に麦を加えて作られ、西日本でメジャーな味噌です。

香りが芳醇で、甘味があるのが特徴です。

また、麦味噌は米味噌よりも多くの食物繊維を含みます。

麦味噌に含まれる食物繊維は、糖質の吸収を抑え、血糖値の急上昇を抑制してくれます。

ゆい
糖質ダイエットをしている人におススメね!

高タンパク低炭水化物の豆味噌

大豆と塩だけで作られる味噌です。

甘さはやや控えめで、見た目は赤みがかっています。

原料が大豆だけということもあり、タンパク質を豊富に含み、炭水化物も少ないです。

また、ナトリウムやカリウムといったミネラル成分も、他の味噌より多く含んでいます。

ざっきー
パフォーマンスの維持に欠かせない成分が多いんだね!

お好みでどうぞ! 調合味噌

米味噌、麦味噌、豆味噌を2種類以上混ぜ合わせたものです。

成分や風味等、組み合わせによって様々なパターンがあります。

味噌と言えば、種類は様々ですが、味噌汁として食べることが多いと思います。

関連記事
味噌汁についてはこちらの記事でもわかりやすくまとめていますので、参考にしてください!

健康の秘密は日本の伝統食! みそ汁の健康効果とレシピを紹介

2019年8月26日
味噌の種類まとめ
  • 米味噌…最もメジャーな味噌、栄養のバランスがいい
  • 麦味噌…食物繊維が豊富で、糖質の吸収を抑制
  • 豆味噌…タンパク質が多く、炭水化物が少ない
  • 調合味噌…好みによって味噌を作れる
スポンサードリンク

まとめ

味噌は、昔から日本人に親しまれてきました。

今回ご紹介したような、多くの健康へのメリットが再発見され、

改めて食卓に並ぶ機会が増えてきています。

  • 栄養素が豊富
  • 美容に効果がある
  • 乳がんの予防になる
  • 様々な種類があって飽きにくい

このようなメリットがあるなんて、素晴らしいですね!

自分にあった味噌を、自分にあった食べ方で取り入れていきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください