健康的な生活には運動は毎日必要!? 効果的な運動とは?

健康的な生活を送るためには運動毎日行いましょう。

新聞やテレビでよくこの言葉を聞きます。

でも、正直平日は仕事でなかなか運動をする機会を作れなかったりしませんか?

私も運動を心がけてはいても、続かなくて、かえってストレスになってしまうこともあります。

そもそも運動は毎日続けなければいけないのでしょうか?

せっかく運動するなら楽しく気軽に続けたいですよね!

そこで、皆さんの疑問を運動の効果や運動方法とともに解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

どうして運動が必要なの? 運動がもたらす4つの効果とは?

ざっきー
そもそも僕たちはどうして運動をしているのかな?
ゆい
運動にはたくさんの健康の秘訣が隠されているよ!

生活習慣病を予防する

生活習慣病という言葉を1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

毎日体にエネルギーを溜めるためにご飯を食べますよね。

1日のカロリー摂取量の基準があるように、健康を維持するためには消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があるのです。

もし、摂取カロリーの方が多いと脂肪に変換されて、最終的には肥満となって、糖尿病や高血圧に繋がってしまいます

それを防ぐために、その日の運動にあった食事量を摂りましょう。

継続していくと、ダイエットに繋がっていきますね。

ざっきー
ついつい休みの日は部屋に閉じこもってしまうよ。
ゆい
生活習慣病はたくさんの人がなっているよね。運動をすることで予防しましょう!

筋肉や骨などの体の維持をする

思い立ったときにジョギングしてみたら、次の日筋肉痛で苦しんだことはないですか?

運動をしているかしていないかは体が覚えているんですね。

エネルギーを取り入れた分は、体の色んな部分を作るために使われているのです。

年齢とともに筋肉はつきにくくなるものの、運動すれば増やせる部位なので若いうちに筋肉をつけておくことが大事です

骨を守るためにも筋肉をつけましょう!

ざっきー
そういえば、この前少し走っただけで疲れたし、次の日筋肉痛になってしまったよ。
ゆい
無理な運動ではなく、軽い運動だけでもやってみましょう!

風邪の予防ができる

もしかしたら最近風邪を引きやすくなったな、と感じる人はいませんか?

運動不足による免疫の低下かもしれないです。

抵抗力を高めて風邪を予防できるという意味では、運動は関わってくるのです。

ざっきー
冬場とか夏場は閉じこもって運動をしなかったから風邪を引いていたんだなあ。
ゆい
免疫力は健康維持にとってとても大事だね!

精神的な回復ができる

デスクワークが続いて気分が浮かないときありませんか?

恐らく、それは体を動かしていないので気分転換やストレス解消ができていないのです。

これを続けていくと認知症にも繋がってしまうかもしれません。

沈んだ気分を変えたい、凝り固まった考えを変えたい、ストレス発散したいという人は体を動かしてみましょう。

ざっきー
確かに、運動した後にスッキリした気分になることがよくあるよね!
ゆい
体と精神は密接に繋がっているんだね!
関連記事
登山も体を動かす上に、自然によるマイナスイオンによって気分転換ができるので、こちらの記事もオススメです!

健康には登山が最適!? 登山に隠された健康の秘密を教えます!

2019年5月31日
まとめ
  • 生活習慣病の予防ができる
  • 日々の運動が骨や筋肉の維持に繋がる
  • 風邪の予防効果がある
  • 気分がリフレッシュされてスッキリする

 

実は運動は毎日する必要はない!? 自分に合った運動法とは?

運動といっても、たくさん種類があるからわからないですよね。

どんな運動をどれくらいの時間行うのが健康にいいのか、そして運動が好きな人とあまり激しく運動するのが苦手な人が運動するにはどうしたらいいのかをご紹介したいと思います!

1日にどれくらい運動をすると健康的なの?

運動するといっても、1日に運動した合計の時間なのか、それとも1回に行う運動の時間かわからないですよね。

基本的に、軽い運動だと週に150分の運動、激しい運動だと75分が健康を維持するのによいと言われています。

これだけ言われると大変そうに思うかもしれないですが、1週間の間に行えばいいと思えばそこまで大変ではないかなと思います。

もちろん、それ以上やるとより健康的です!

これから激しい運動が苦手な人や、体を動かすのが好きな人に合った運動の仕方を説明していきます。

激しい運動が苦手な人

まずはウォーキングから始めてみましょう!

これだけ聞いたら既にやってる人が多い上に、簡単だと感じた人が多いのではないでしょうか。

もちろん難しくはないのですが先程にも書いたように、健康を維持するためには週に150分の運動が必要となるので、30分くらいのウォーキングを1週間の中で5日くらいできるといいですね。

一見大変そうに思えますが、少しいつもより遠回りしてみたり、早く起きて近辺を散歩するのが好きな人にはおすすめです。

ざっきー
見直してみると、30分も歩いていなかったりするなあ。
ゆい
いつもより1駅先まで歩くとかがおすすめだよ!
関連記事
初心者でもできる健康的なウォーキングの仕方についての記事はこちら!

ウォーキングで健康になろう! 初心者でも出来る方法を紹介

2019年5月31日

体を動かすのが好きな人

普段からアクティブで体を動かすのが好きで、ジムなどに通う人もいるのではないでしょうか?

もちろん、とても健康にいいです!

ただし、健康を維持するためには週に75分以上の激しめの運動をする必要となるので、理想としては25分を3日に分けて行うのが効果的です。

1日にまとめてやってしまうと健康維持に効果的ではなくなってしまいます。

週3日だけ早く起きる、もしくは仕事終わりにランニングしてみてはいかがですか?

ざっきー
僕はランニングとか苦手だからウォーキングを5日間やるようにしよう。
ゆい
自分に合う運動のやり方を選んでみてね! もちろん、組み合わせてみるのも効果的だよ!
関連記事
より効果的なジョギングをしたい方におすすめの記事はこちら!

家でも外でもできるの!? 健康に効果的なジョギング方法とは?

2019年6月1日
まとめ
  • 自分に合った運動方法を選ぶ
  • 軽い運動の場合30分×5日、激しい運動の場合は25分×3日を毎週する

 

さらに効果のある運動をしたい人におすすめ!

いつも通りの動作から少しいつもより効果的な運動をしてみませんか?

少し意識を変えるだけで変わることはたくさんあります。

その中でも、すぐに実行できるものを紹介したいと思います!

階段を使う

ついつい階段を使わずに、エレベーターやエスカレーターの誘惑に負けてしまう人は多いのではないでしょうか?

そこで、階段を使うことは1番身近で、すぐに行動に起こしやすいのではないかと思います。

どうしても登りがしんどくて、という人は下りから始めてみてください!

階段は登るより、下るときの方が体は運動しているのです。

運動において負荷をかけるのは、より効果をもたらしてくれます。

ざっきー
僕も階段を避けてしまうタイプだから、明日から階段を使うように心がけよう!
ゆい
小さな変化だけど、大きな一歩だね!

いつもより少し多めの運動を意識する

今日もノルマの運動が終わったから終わる人がいると思います。

ちょっとだけいつもより多めの運動を意識してみませんか?

例えば、いつもより5分多く運動しよう、いつもより1000歩多く歩こう、1つ先の駅まで歩いてみよう、といったようにたまには運動量を増やすと達成感も得られて、満足度が上がります。

休みの日に取り入れると行いやすのではないかと思います

運動は多めに行う分には体の健康にいいので、たまにやってみるとより効果的です。

ざっきー
ついついノルマを達成して終わってしまうタイプなんだよね。
ゆい
毎日じゃなくてもいいので、できるときにやってみましょう!
まとめ
  • できる限り階段を使う
  • いつもより多めの運動量を意識してみる

 

スポンサードリンク

まとめ

私たちの健康のためには、運動は欠かせません。

しかし、上にも述べてきたように絶対に毎日行う必要はありません。

体の健康のために行う運動は

  • 1日30分×5日の軽い運動、もしくは1日25分×3日の激しい運動を毎週行う必要がある
  • 運動をすると、生活習慣病の予防や、心身のリフレッシュに繋がる
  • 階段を使ったり、目標を多く設定することでより運動を効果的にする

といった効果があります。

特に筋力などは運動をしていても、年齢とともに衰えてしまうものなので、若いうちから運動をすることはとても大事なことなのです。

今からでも全然間に合うので、普段の運動ができていないと感じた人は、健康を意識して運動を始めてみましょう。

そして、同僚や友達、または家族とともに健康的な体づくりを意識してみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください