健康的に朝食抜きはいい!? 実際に実践した事をまとめました!

朝って時間に追われることが多く、朝食を抜いてしまった事って誰もがありますよね。

正直、朝は苦手で、朝ごはんを抜いてしまう人は少なくないのではないでしょうか。

私も、朝ごはんを食べるくらいなら寝る時間を増やしたりしたいなと思ったりします(笑)

一方で、朝ごはんを食べないと午前中に頑張れないのでは…

健康的に良くないのでは…など考えてしまいます。

そう考えていましたが様々な記事を読んでいて気付いたことがあります。

実は朝食を抜くと健康やダイエットに効果があるという事です!

そこで、私が知った情報で1ヶ月朝食を抜いてみた時のことをまとめてみたので是非、参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

朝食抜きを抜くことで得られる様々な効果を紹介!


体に悪いと言われているので、メリットなんてあるの? なんて人もいると思います。

朝食を抜いてみてどのような効果がでてくるのでしょうか。

以下で紹介してみました。

体重が減る

ダイエットしてる人には嬉しい情報ですね!

これは、今まで3食食べていた人が朝食を抜くと、体重が減っていきます。

もちろん、普段の量より食べていないからです(笑)

しかし、体が慣れてくると減りにくくなる人も多いかと思います。

そんな人は、プチ断食生活をやってみるとより効果的になるでしょう。

また、自分の好きなものばかりを食べて栄養が偏ってしまってもよくないので、1日の栄養バランスを考えた食事を行うようにしましょう。

ゆい
一食分無くなるので栄養バランスは要注意ね!

胃腸が改善されて疲れにくくなる

普段から3食食べていると消化するのに時間がかかるため、胃腸が常に活発に動いてしまうのです。

普段から動き続けると疲れるのと同じように、胃腸も動き続けると休憩ができないのでパフォーマンスが悪くなります。

朝食を抜くことで、食べ物が胃腸に流れるまで半日以上時間ができるので、胃腸のパフォーマンスは向上します。

すると、肌の荒れがなくなったりイライラしなくなったりします。

また、体のエネルギーを使う場所が減ります。

すると、今まで胃腸に使っていたエネルギーが余るので疲れにくくなるのです。

もちろん、走るなどの運動をする場合は大量のエネルギーを使うので、その場合はエネルギーが枯渇して疲れます。

あくまでも、デスクワークなど体を大きく動かさない時です。

ざっきー
運動する時は逆食べないとより疲れるのでしっかり食べるようにしよう!

ご飯が美味しく感じられる

ご飯を食べる行為がマンネリ化している人はいませんか?

朝食を抜いてみることで、普段よりご飯を食べる時間が開くので胃が空っぽになっています。

お腹が空っぽの信号が脳に流れると実はいつものご飯もより一層美味しく感じられるのです。

『空腹が最高の調味料』と言われているのはこのことが由来ですね!

ここで注意なのが、美味しいからといってたくさん食べ過ぎないことです。

1食分減らしているのに、今まで以上食べてしまうと体重増加の原因となります。

朝の時間が増える

朝食を作って食べるという時間がなくなることによって、睡眠時間を伸ばせることができます。

少しでも睡眠時間を延ばしたいという方にとってはいいのかもしれません。

また、朝食分の食費が0円になることも嬉しいですね。

ゆい
睡眠は体内のバランスを整えるのに大切なので寝不足の方には特にいいかもね!

体調が変化する

花粉症が…などアレルギーを持ってる人は、朝食を抜くことによって体調が変わってアレルギーがなくなる人も稀に胃いるようです。

全員に当てはまるというわけではありませんが、朝食を抜くことによって以前より体調が良くなっていく人は多くいます。

まとめ
  • 食べる量が減ることで痩せる
  • 胃腸が改善されて疲れにくくなる
  • ご飯が美味しく感じられる
  • 朝の時間が増える
  • 体調が変化して、以前より良くなる人がいる

体を良く動かす方は逆にエネルギーが必要になるので、注意してください。

 

無理は禁物! 朝食を抜く時に気を付けるポイントとは?


『ただ、がむしゃらに朝食を抜けばいい』っと思うことは少し危険です。

気を付けなければいけないポイントがあります。

それらを以下で紹介します。

無理に最初から抜かない

最初から頑張るのもいいことですが、かえってストレスになって食べてしまう可能性が出てきます。

初めから無理をするのは禁物です。

慣れないうちは、今まで食べていたものを1つ減らしてみるなど、徐々に量を減らしていくことをおすすめします。

大丈夫と感じるようになったら朝食を完全に抜くようにしてみましょう。

寝起きは水分が不足しているので、もし慣れるまで朝ごはんを食べるとしたら、水分の多いフルーツなどを摂ると良いでしょう。

ゆい
いきなり習慣を変えることは心身共に負担がかかりやすいので徐々に変えていこうね!

水分はしっかりとる

水分不足は体にとって悪影響です。

なので、いくら朝食を抜くとしても水分はしっかり摂りましょう。

だからといって甘いものを飲むと胃腸に刺激を与えてしまうので、水やカフェインのない飲み物、砂糖の使われていない飲み物にしましょう。

体にいいのは、寝起きに白湯を飲むことです。

いきなり冷たいものを体に取り入れるとびっくりしますが、白湯だと寝起きにちょうど良い温度なので吸収が早いです。

ダイエットにも良いという話も聞くので、余裕のある人は朝に白湯を飲んでみてください。

もし水以外であるとすれば、青汁や野菜ジュースなど体の栄養素を助けてくれる飲み物がオススメです。

休日から始めてみる

会社など、普段のことに支障を与えてしまうのではないかと不安になってしまう人が多いのではないかと思います。

休日なら家で過ごす方も多く、周りを気にしなくて大丈夫です。

また、大きく体を動かすことが少ないのでエネルギーをたくさん消費することが少なく、エネルギーが枯渇することがないと思います。

ただ、何もしないでいると空腹に意識がいってしまうので、散歩してみるなど気分転換できることをしてみると良いでしょう。

まとめ
  • 無理に最初から朝食を抜かない
  • 水分はしっかりとる
  • 休日から始めてみる

無理は決してせずにゆっくりと変えていくことがポイント!

 

スポンサードリンク

まとめ

『朝食は食べないと体に悪い』ってよく言われていますが、今では体に良いという意見もあります。

特に朝食を抜くことによってより、体のリズムを整える効果もあるので一概に抜くことが悪いわけではありません!

そこで今回紹介した

  • 朝食を抜くことで得られる様々な効果(ダイエット、胃腸環境の改善、よりご飯をおいしく感じるなど)
  • 無理をせずに朝食を抜く(特にいきなり変えることは負担が多いので注意!)

このことを意識するようにしましょう。

体を休めることで以前より健康になる。

朝食を取らない分、余裕のない朝を少しでも快適にする。

一食、抜くことによってダイエット効果もあるなど様々な効果が期待できます。

特に最近、お腹周りが気になり始めた方は実践するのもいいかもしれませんね!

ただし、体を良く動かす方は逆に良くない場合もありますので、自分の体調管理をしっかり行いながらやりましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください