健康にいい食事の回数とは?朝昼晩はもう基本ではない⁉︎

突然ですが、あなたは1日に何回食事をしますか?

基本的に朝昼晩と3回食事をする方が多いかと思います。

しかし、生活リズムによっては規則正しく食事の時間が確保できず、健康に不安を抱いている方もいるのではないでしょうか。

実は今まで常識と思っていた1日3食の常識が変わり始めているようですよ!

そこで今回は食事の回数を変えることによって、健康にどう影響するかリサーチしました!

 

スポンサードリンク

食事をする時の注意する点をおさらい! 実はあの状態が健康にはいい?

最近、ダイエットや生活習慣病等を予防するために、食事の回数についてさまざまな意見が飛び交っています。

『一日1食が健康的』、『5食以上にこまめに摂るとこが大切』、『いやいや3回が一番健康にいいに決まっているでしょ! 』など

様々な意見があると思いますが、その中で共通していることが1つあります。

それが、カロリーの過剰摂取を控えるということです。

ざっきー
確かにカロリー制限は大切だけど、どんな所に注意すればいいのかわからないことが多いな~
ゆい
確かに何でもカロリー制限をしてしまうと食べたいものも食べられなくなってしまうもんね! だけどポイントを抑えることによって実は簡単にできたりもするよ!
ざっきー
そうなんだ! 簡単に出来るなら知っておきたいね!

1回の食事の量を極端に多くしない(ドカ食い防止)

そもそもカロリーは人が生きる上でなくてはならないエネルギーであって決して悪いものではありません。

けれど今の世の中、カロリーの摂りすぎが原因で生活習慣病になってしまう場合も少なくありません…

カロリー計算なんて本当にややこしいし、めんどくさいと正直思いますよね…

だからこそ『ドカ食いだけはしない!』そう決めることをおすすめしたいのです。

ゆい
1kg体重が増えるまでには約7000Kcalが必要らしいよ!
ざっきー
そうなんだ! 流石に7000Kcalも取らないでしょ!
ゆい
確かに1日では取らないと思うけど1週間毎日標準より1000Kcal多く生活していても同じ結果になりかねないので注意が必要ね!
ざっきー
確かに! そう言われると注意が必要だね…

ポイントは血糖値を上げすぎない

今、糖質制限ダイエットも流行っていますが、糖質を制限するのって結構負担だと思いませんか?

白米やパン、うどんも好き、甘いデザートだって欠かせない…。

糖質って色んなものに含まれてますから、ストイックに制限しようとすると、悩みが尽きません。

そもそも、糖質ってなんで制限したほうがいいのでしょうか?

理由は2つあります。

1つ目は、体内の中で糖質が減少すると、次第に中性脂肪が分解されるので、脂肪が燃焼されていきます。

2つ目は、糖質を制限すると血糖値の上昇が抑えられます。

ざっきー
この二つは大切な事なんだね! 覚えておこう。
ゆい
そうだね! 大切なことは『血糖値を急激に上げない」ってことを意識するだね!
ざっきー
ちなみにだけど、どうすれば対策できるかな?
ゆい
そうだね…食事をする時に初めに野菜を食べるようにすることだね!
ざっきー
そうなんだ! 勉強になったよ!

空腹状態こそ、身体に良い⁈

実は空腹状態が身体に良いです!

「ぐぅ〜」とお腹がなる感覚の中で、身体の中ではこんなにも良い事がたくさん起きているようです。

空腹時に得られる効果
  1. 細胞の若返り効果
  2. 成長ホルモンの分泌で代謝アップ
  3. 肌が綺麗になる
  4. 疲労回復が早くなる
  5. 病気やケガの治りが早くなる
  6. ダイエット効果が出やすくなる
  7. 白血球の活性化で免疫力がアップ
  8. 脳の活性化で記憶力もアップ
  9. 胃腸を適度に休ませ、便秘解消
  10. 脂肪燃焼の効果あり
  11. 午後も眠くならない

 

「お腹が空いた…」というマイナスな感情の中に、こんなに素晴らしい効果があったなんて、朗報だと思いませんか?

自然界の動物は、ケガをした時に食事を摂らず、空腹のなかで自然治癒に専念するそうです。

補足
日中の場合は、ぐぅ〜っとお腹が鳴ってから30分〜1時間程度で次の間食など食べられると良いそうです。
ここまでのまとめ
  • カロリーを多くとらないように注意する(ドカ食いはNG)
  • 血糖値をあげ過ぎないように気を付ける(食事をする時に初めは野菜を食べるようにする)
  • 空腹状態は健康にいいことを覚えておこう!

 

あなたのライフスタイルにぴったりな食事の回数とは?

様々なダイエット方法も、いざやってみようとすると、自分の生活に合わないものって多々ありますよね。

最大のポイントはカロリーを摂りすぎない事であるとお伝えしました。

ではそもそも、どれくらいのカロリーならとっても良いのでしょうか。

それはこちらで調べてみてくださいね!

一ヶ月1キロ体重を減らしたい場合、一ヶ月のカロリー摂取量を約7000Kcal減らす必要があります。

一日にすると、240Kcal減らすことになります。

調べてみたカロリーから240Kcal引いて、理想の一日摂取カロリーを把握してみましょう。

次に、自分のライフスタイルを考えてみてください。

会社員や自営業、学生さんやアルバイト、夜勤、主婦の方などなど、様々なライフスタイルがありますよね。

その中で、自分に一番あった食事方法ってなんなのでしょうか。

一日一食派のあなたはこちら

一日一食と言っても『一食以外絶対に何も口にしてはいけない』というものではありません。

「主食、主菜、副菜」の様にしっかりとした食事の時間を設けないという意味だそうです。

間食はいつでも好きな時にしていいようです。

間食の内容としては、ナッツ類、あたりめ(スルメ)、チーズ、ビーフジャーキーやハム、小魚など。

水分は食事の回数が減る分、きちんと摂るようにすること。

いきなり一日一食を目指すのは厳しいので、まずは昼食を抜くことから始めていきます。

そこから徐々に朝食を減らしていくと体が慣れてきます。

一日一食の場合は、寝ている間に効率よく栄養を吸収できるので、夕方に食事をとることがおすすめです!

夕食は好きなものを食べる事が大切ですが、まず先に野菜を食べる事を意識すると血糖値上昇を抑えるので意識しましょう!

一食派のメリット
  1. 忙しい人に最適
  2. カロリー計算などめんどくさい事は考えなくて済む
  3. 食事時間を無くす事で自由な時間が増える
  4. 昼間に睡魔に襲われることが無くなる

一日五食派のあなたはこちら

打って変わってこちらは多食という方法になります。

基本的には一日の摂取カロリーを5分割するというイメージです。

3度の食事量をだんだん減らしつつ、お腹が空く前に間食(100Kcal以内)を摂るというものです。

食事内容では、主食は茶色いもの(玄米や全粒粉パン、そばや雑穀類)を選ぶようにします。

食物繊維が豊富で糖質の吸収を抑え、脂肪の蓄積を防いでくれます。

間食はナッツや玄米フレーク、グラノーラ、無糖ヨーグルトなど、血糖値を急上昇させないものが良いとされています。

夜ご飯はなるべく控えめに、サラダ多め、タンパク質をプラスしてボリュームたっぷりを目指します。

多食ということで、一日の摂取カロリーをオーバーしないようだけ注意しましょう。

五食派のメリット
  1. 時間を自由に使える人に最適
  2. 胃が小さくなる
  3. ダイエットの意識を持たなくても良い

一日3食がオススメされなくなったワケ

一般的に主流なのは今もまだ、一日三回規則正しく食事を摂ることとされています。

勿論、育ち盛りの子どもや妊婦さんなど、きちんと食事を摂らなければならない人もいます。

しかし、基本的には年齢が上がっていくほど、そこまで食事量を摂る必要がないという研究結果が出ているのです。

是非、「今の私はこれくらいで満足してるな」と身体に問いかけながら食事を摂るようにしてみてくださいね。

ざっきー
一回…お昼ご飯を半分の量にしてみよっかな! 血糖値を上げすぎない食事を選べばいいんだもんね!
ゆい
そうだよ! 最初は不安になるかもしれないけど、お腹が空いたら身体が若返るんだと思ったら、乗り越えられそうでしょ♪
ざっきー
うん! なんか出来そうな気がしてきたよ! 
補足
お年寄りに関しては、一度の食事で十分に栄養を吸収できない事がありますので、小まめ(多食)に食事をとってみてくださいね。 
ここまでのまとめ
  • 1日1食を心掛けるなら夕食に食事を取ると効率がよく栄養を吸収できるのでおすすめ(先に野菜を食べるようにする)
  • 1日5食は一回の食事の量を少なくすることを意識する
  • 自分に合った食事を取ることが大切!

 

スポンサードリンク

まとめ

食事の回数は人によって変えることが大切です!

自分のライフスタイルに合わせて是非、自分に合った食事の回数を設定してみてください。

そうすることによって簡単にダイエットが出来たりなどするかもしれません!

そこで今回紹介した

  • 食事をする時はドカ食いをしないことによって血糖値の急上昇を抑える
  • 空腹な状態は健康にいいので覚えておきましょう
  • 自分に合った食事の回数を決めるとより健康的になりやすい

以上の事を参考にするといいと思います。

ですが急に変えることはかえって体の負担が大きいので少しずつ変えることをお勧めします!

是非、無理なく自分に合った食事の回数を探してみてください。

きっと以前より簡単により健康に痩せることが可能になるかと思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください