女性必見!? 健康的な身体作りの為に知っておきたい睡眠の仕方

みなさんは健康の為になにかしている事はありますか? 

食事を気を付けたり、運動したりと様々な方法がありますよね。

ですが、食事や運動よりももっと大切にしたい事があります。

それは睡眠です。

睡眠時間が減ると頭が回らなかったり、身体が重くなったりしませんか? 

健康の為に食事や運動に気を使っていても十分な睡眠がとれていないと

健康な身体とは言えません。

そこで今回は育児に家事に忙しい女性に着目して

色々リサーチしてきました! 

早速紹介していきます。

 

スポンサードリンク

健康にかかせない!? 睡眠について学ぼう! 

1日24時間の中でみなさんが睡眠にあててる時間はどれくらいありますか? 

学生さんや社会人の方は学校や仕事に追われてませんか? 

主婦の方は家事に育児にお仕事など、寝る間も惜しんで頑張っていませんか? 

しっかりとした睡眠がとれないとイライラしたりぼーっとしたりすると思います。

ここからはその睡眠について少し一緒にお勉強していきましょう。

さっそく紹介していきます。

睡眠時間が短すぎる!? 世界と比べてみた! 

日本人は睡眠時間が短すぎると言われています。

主要28か国で最下位というデータまで出ています。

日本人女性の平均睡眠時間は、6時間40分。

それに比べてトップのフィンランド女性の平均睡眠時間は7時間45分でした。

トップと約1時間も差があります。1日8時間は寝たい所ですよね。。。

なぜ日本人女性はこんなにも短いのでしょう? 

気になったので色々調べてみました。

日本人女性の睡眠時間が短いワケ
  • 結婚し妊娠出産を終えた女性が働く事によって睡眠時間が減った
  • 家事育児によって睡眠時間が減った
  • ストレスなどによる睡眠不足
ゆい
28か国で最下位だなんてびっくり!! 睡眠不足は避けたい所ですね。

ノンレム睡眠とレム睡眠って知ってますか? 

聞いた事はあるけど2つの睡眠の差ってよくわからないですよね。

私も聞いた事はありましたがどういう意味なのか知りませんでした。

ノンレム睡眠とレム睡眠について色々調べてみたので早速紹介していきます。

ノンレム睡眠とは?
  • 深い眠りについている時の事をノンレム睡眠と呼ばれている
  • 一晩でノンレム睡眠とレム睡眠を4、5回繰り返す
  • 眠りについてから約3時間で深い眠りにつく事ができれば脳も身体も休ませる事ができる
  • 朝起きて「良く寝た~」と思えた時はノンレム睡眠ができた証拠
ゆい
確かに「良く寝た~」って思えた日は身体が軽い気がします! 次はレム睡眠ですね。どういう事なんでしょう? 気になります。
レム睡眠とは?
  • 浅い眠りの事で基本的には筋肉は動かないようになっている
  • 身体は休めてても脳は動いているので夢を見たりする
  • レム睡眠中に寝返りを打っている事が多い
  • 一晩に何個も夢を見た時は浅い眠りがずっと続いている状態なので要注意
ゆい
しっかりとした睡眠時間が取れてても、朝起きた時に疲れてたり寝た気がしなかった時はレム睡眠が続いていた時だったんですね!

眠る前の準備も大切! 質のいい睡眠をとるには? 

毎日忙しいと自分の時間が取れるのって寝る前だけになってしまいがちですよね。

忙しい中でもノンレム睡眠状態が続いていれば、大丈夫ですが

日々の生活に追われていると、どうしてもレム睡眠が続いてしまう事もあると思います。

朝スッキリ起きる為にも眠る前のちょっとした事で質のいい睡眠がとれるんです。

寝る前に試したい質のいい睡眠をとる方法
  • 軽めのストレッチで睡眠の導入を促す
  • ゆったりとした音楽を聴いてリラックスする
  • 寝る30分前からスマホを触らずに目を休ませる

どうしても眠れない時にオススメの商品があります。

私は眠れない時に使うと気づいたら朝になっていた事が何回もあります。

 

睡眠についてのまとめ
  • 世界と比べた時に日本人の睡眠時間は短い
  • ノンレム睡眠とレム睡眠の違いは眠りの深さだった
  • 質の良い睡眠をとる為の方法
関連記事
こちらの記事でも睡眠について詳しく紹介してくれていますので是非読んでみてください。

健康でいるために考えてみよう!! 注目すべき睡眠の効果5選☆

2019年6月24日

 

女性特有の睡眠障害? 知っておきたい2つの事

女性ならではの悩みってありますよね。

お風呂に入ってしっかり湯船に浸かったのに寝る頃には足がキンキンに冷えていたり

夜になると足がパンパンにむくんでいたり・・・・。

私も様々な事に悩まされてきました。

そこで女性の身体について色々調べていた結果睡眠も深く関わっていた事がわかりました。

紹介していきます。

女性の身体は月に3回変わる!? 

女性の身体は月に3回変化すると言われています。

それはホルモンバランスのせいで、イライラしたり

眠い日が続いたりと様々な変化が起こります。

睡眠にも関係があるのでしっかり学んでいきましょう。

睡眠障害とホルモンバランス
  • ひと月に3回もホルモンバランスが変化し、月経期、卵胞期、黄体期と分かれている
  • その中でも特に睡眠に影響があるのが黄体期で、黄体期は夜しっかり睡眠をとっていても昼間の眠くなってしまう
  • 眠くなってしまう原因は「プロゲステロン」というホルモンが分泌される為である
ゆい
確かに月経期前の黄体期はずーっと眠いですね! 眠れる時は寝た方が身体にはいいみたいです☆

自分の身体が今どの時期に入っているのかわからない方は

是非、おすすめのアプリがありますので活用してみてください!⇒ルナルナ(ライフスタイルに合わせて様々な提案をしてくれるアプリです)

身体の事を良く知る事も大切です! 

ストレスで眠れない!? そんな時の対処法

日々のストレスで眠れないって事ありませんか? 

家事や育児に追われて自分の時間が取れなかったり、仕事関係でストレスが溜まったり。。。

女性が感じるストレスレベルは男性の8倍とも言われています。

悩みを抱えてしまうと夜中まで考え込んでなかなか眠れないなんて事もあると思いますが

そんな時の対処法を調べてきたので是非試してみてください。

眠れない夜の対処法
  • リラックス効果をもたらすハーブティーを飲んでみる
  • 足が温まると眠くなるので足湯をして足を温める
  • 何も考えずに別の事に集中する
ゆい
足が冷えていると全然眠れないですよね。温めてぐっすり眠りましょう☆
女性特有の悩みのまとめ
  • 女性の身体は月に3回変わる為、質の良い睡眠をとる事が必要
  • ストレスで眠れなくなった時は身体を芯から温める事が大切
  • 悩み事で眠れない時は別の物に集中できるように思考転換

 

質の高い睡眠で美肌効果!? 綺麗なお肌になる為には? 

睡眠不足が続いている時のお肌の調子ってみなさんどうですか? 

私は睡眠不足が続くとお肌が荒れ始めて乾燥したりニキビができたり

お肌のトラブルが絶えません。。

肌荒れがひどすぎて病院に駆け込んだ事もあります。

ですが、質の良い睡眠をとればお肌が荒れる事もなく病院に駆け込む事もしなくて

大丈夫なんです! 早速紹介していきます。

美肌は作れる! お肌のゴールデンタイムに眠る

お肌のゴールデンタイムって知ってますか? 

22時から深夜2時の4時間です。

でもこの4時間の間にしっかり眠るってとっても難しい事ですよね。

そんな中でも美肌を作る為にできる事紹介していきます。

美肌の作り方
  • お肌のゴールデンタイム中になるべく早く寝る
  • ゴールデンタイム中に眠れなかった時はしっかりとした睡眠時間をとる
  • 寝具(特にまくら)を常に清潔に保つ
ゆい
寝不足はお肌の大敵っていうけど本当にそうだったんですね!

寝る前にやっておきたい美肌作り

質のいい睡眠をとる為に様々な事を紹介してきましたが

寝てる間も美肌になる為に何かできないかな? と思い色々リサーチしてみました。

寝てる間って無意識のうちに枕に顏を擦り付けていたりするので

そのせいで肌荒れが起きてしまう事もあります。

早速紹介していきます。

寝てる間にできる美肌作りのオススメ
  • 寝ている時は髪の毛が肌につかないようにする(前髪もなるべくない方がいい)
  • 冬は乾燥するので加湿器をつけて、お肌の乾燥を守る
  • 夏は汗をかきますがエアコンで乾燥するのである程度の加湿も大切
ゆい
おでこにニキビができたりするのは前髪のせいだったんですね!

 

睡眠不足はダイエットの敵!? 寝ないと太りやすい身体に! 

女性の方ならほとんどの人が気になっているダイエット

食事制限や運動など色々な物を取り入れていると思いますが

睡眠もダイエットには大切な物です。

私がダイエットしていた時は食事制限ばかりで全然痩せず、

痩せてもいつもの食事に戻した途端に体重も戻っていました。

食事制限や運動ももちろん大切ですが、寝ている間に痩せられたら

とっても効率いいと思いませんか? 

色々リサーチしてきたので紹介します。

睡眠中に身体が勝手に痩せている!? 睡眠中の身体のしくみ

睡眠中は寝ているからと言ってカロリーを消費していないわけではありません。

寝ているだけで毎日約300kcal消費していると言われています。

単純計算で毎日しっかり7時間から8時間睡眠をとっていれば、

体重換算すると1ヵ月で1Kg程度痩せられるって事になります。

睡眠中のカロリー消費
  • 睡眠中でもカロリーは消費している
  • しっかりとした睡眠で1ヵ月で1kg痩せる事もできる
ゆい
睡眠中でもカロリー消費しているからしっかり睡眠はとりたいですね!

成長ホルモンで痩せやすい身体に!?睡眠で体質改善

上記で寝ているだけでもカロリー消費はできると紹介しましたが

そのカロリー消費の手助けをしているのが成長ホルモンです。

大人でも成長ホルモンって出るの? なんて思われる方もいらっしゃると

思いますが、成長ホルモンという名前なだけで大人でも出るんです。

成長ホルモンとは?
  • 寝ている間に分泌されているホルモンで脂肪分解の手助けをしてくれる
  • 成長ホルモンは若返りホルモンとも言われている
  • 質の良い睡眠をとっている人程、痩せていて肌が綺麗な人が多い
ゆい
成長ホルモンで脂肪分解の手助けをしてくれるならしっかりと睡眠をとりましょう!
睡眠とダイエットの関係
  • 寝ているだけでもカロリーは消費しているので睡眠が多ければ多いほどカロリー消費に繋がる
  • 成長ホルモンの手助けでカロリーを消費する事ができる

 

スポンサードリンク

まとめ

今回は、健康と睡眠について色々紹介してきました。

男女共に睡眠不足になると頭もまわらないし、体調が悪くなったりします。

特に女性は女性特有の睡眠障害があったりするのでその睡眠障害を

少しでも緩和できるように、しっかりと質の良い睡眠がとれるといいと思います。

お肌が荒れたらイライラするし月経期前もイライラしてしまったりするので

睡眠によって緩和されるので是非取り入れてみましょう。

今回紹介した、

  • ノンレム睡眠とレム睡眠の違い
  • 女性特有の睡眠障害
  • 質のいい睡眠をとる事によって得られる美肌効果
  • ダイエットにもなる質のよい睡眠

と様々な物を紹介しました。

お肌が荒れてきたり、ダイエットを頑張っても成果がついてこないなんて方は

まずは睡眠から見直してみてはいかがでしょうか? 

しっかりとした質のよい睡眠で様々な悩みから解消されましょう! 

ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください