健康のために知っておこう! ピーナッツの効果とは? 害はある?

ピーナッツは日本でも昔から親しまれていて、香ばしくておいしいですよね。

クッキーやチョコレートにも使われていて、好きな人も多いのではないかと思います。

そんな人気のピーナッツですが、食べ方によっては健康することがあるのをご存じでしょうか?

ピーナッツに関する知識や注意点を知っておくことで、身を守ることができます

ピーナッツは健康効果が期待できる食品ですので、上手に取り入れるようにしたいですね。

栄養成分や健康効果、食べ方の注意点、1日の目安量など、安全にピーナッツを楽しむために知っておきたいポイントをお伝えします。

 

スポンサードリンク

ピーナッツについて知っておこう!

ピーナッツを食べることで健康を害することがあるのか気になるところだと思いますが、

より理解を深めていただくために、ここでは雑学を交えながらピーナッツについて触れていきたいと思います。

ピーナッツってどんな食べ物? 

ピーナッツは南アメリカ原産のマメ科の一年草で、熱帯地域で広く栽培されている植物です。

間食やお酒のおつまみ、お菓子作りの材料にも使われていたり、ピーナッツバターも人気ですね。

知っていると役に立つ? ピーナッツに関する雑学をご紹介!

落花生とピーナッツの違いをご存じでしょうか?

ざっきー
うーん…。何だろう?

どちらも同じ食べ物を表しますが、殻付きの状態のものを落花生、殻を除いた実の部分をピーナッツを指します

ざっきー
へー、そうなんだ!

ピーナッツに関する雑学をもう1つ紹介します。

ピーナッツは名前にナッツと付くので紛らわしいですが、日本では分類上はナッツ類ではなくマメ類に属しています

ざっきー
知らなかったなぁ。勉強になったよ!
ゆい
欧米では名前の通りナッツ類として扱われているんだって!
ピーナッツについて知っておこう!
  • ナッツと名前がついているけれど、ピーナッツは南アメリカ原産のマメ科の植物
  • 落花生は殻付きの状態をいい、ピーナッツは殻から出た実の部分をいう

 

ピーナッツの注意点 健康に害はある? 

ここでは、冒頭からお伝えしているピーナッツを食べ方を誤るとによって起こり得る害について紹介します。

ピーナッツを食べ過ぎると…?

ピーナッツに含まれる成分については後ほどお伝えしますが、約半分は脂質です。

ですので食べ過ぎると困ったことが起こってきます。

ピーナッツを食べ過ぎると…
  • にきび、肌荒れ
  • 腹痛、下痢、便秘
  • 体重増加
  • 鼻血が出る
ゆい
食べ過ぎないよう気を付けたいですね!

ピーナッツを食べ過ぎること以外にも、気を付けておくべきことがあります。

ピーナッツアレルギーとは?

ピーナッツは欧米では鶏卵、牛乳と並ぶ3大アレルゲンの一つです。

食物アレルギーとは、特定の食品を摂取することで免疫システムが過敏に働き、体に異常が現れることをいいます。

ピーナッツアレルギーはそばアレルギーと同様に微量でもアナフィラキシーショックが起こりやすいので注意が必要です。

日本でも患者数は増えていて、症状は皮膚だけではなく、粘膜や呼吸器に現れ、命に関わる場合もあります。

ピーナッツそのものを食べなくても、触れたり吸引することによって症状が出ることがあります。

ゆい
加工食品や調味料にも含まれていることがあるので、誤食を防ぐために原材料の表示をチェックする必要があります
ピーナッツの注意点 健康に害はある? 気を付けることとは
  • 食べ過ぎると、肌荒れや肥満、鼻血が出るので食べ過ぎないように注意する
  • ピーナッツアレルギーは微量でも起こりやすい
  • アレルギーの症状は皮膚や粘膜、呼吸器など全身に出る場合もある
  • 加工食品などにも広く利用されているので、原材料の表示を確認することが大切

 

香ばしくておいしいピーナッツには健康効果が盛りだくさん!

食べ過ぎると起こることやアレルギーについて紹介しましたが、

適量を守って食べることで得られるメリットはたくさんあります。

ピーナッツに含まれている成分と健康効果をご紹介します。

脂質

ピーナッツの脂質にはオレイン酸やリノ―ル酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれています。

不飽和脂肪酸は体内で合成できないので食品から取り入れる必要があります。

ゆい
不飽和脂肪酸には、レステロールを下げたり肥満を防ぐ働きがあるよ!

たんぱく質

ピーナッツには良質なタンパク質が含まれています。

以下はピーナッツに含まれるアミノ酸の一例です。

ピーナッツに含まれるアミノ酸の種類
  • バリン・ロイシン・イソロイシン
  • アスパラギン酸
  • グリシン
  • トリプトファン
ゆい
ピーナッツには睡眠の質をよくする成分が入っているんだって!

睡眠に関係するホルモンのメラトニンは日中に分泌されるセロトニンから作られます。

ピーナッツにはセロトニンの材料になるトリプトファンが含まれているため、日中のセロトニンの分泌促進に役立ちます。

セロトニンの分泌がしっかりと行われることでよい眠りに繋がるので、

眠りの質をよくしたい方にもピーナッツはおすすめの食品です。

補足

アミノ酸とは…たんぱく質を構成している物質です。自然界では約500種類のアミノ酸が発見されています。人体の約20%はたんぱく質で、20種類のアミノ酸で構成されています。 

ビタミン

ナイアシン

糖質と脂質を効率よく分解し、神経を安定させたり血管を拡張する働きがあります。

二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を助ける働きがあるので、お酒を飲むときにもピーナッツはぴったりです。

ビタミンE

ビタミンEには強い抗酸化力があり、体を若く保ったり血行を良くする働きがあります。

ゆい
ビタミンEにはアンチエイジングや美肌効果、認知症やがんを抑制する効果もあるよ!

ミネラル

カリウム、マグネシウム、鉄分、リンなどのミネラルがバランスよく含まれています

ピーナッツに含まれるミネラルの働き
  • カリウム…余分な塩分を排出しむくみを改善する
  • マグネシウム…筋肉や神経、ホルモンの働きに関与して体内の代謝全般に関わる
  • 鉄分…赤血球を構成するヘモグロビンの材料になる
  • リン…カルシウムとくっついて骨や歯を作る
ゆい
赤血球は栄養や酸素を全身に運んだり、二酸化酸素を排出するよ!
ざっきー
ピーナッツを食べるメリットはたくさんあるんだね!
ゆい
一日の目安はだいたい20粒! 毎日少しずつ食べるようにしたいですね
香ばしくておいしいピーナッツには健康効果が盛りだくさん!
  • 健康を促進する効果のある不飽和脂肪酸やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれている
  • ピーナッツにはコレステロール値を下げたり、アンチエイジング効果、快眠効果などがある。
  • ピーナッツは1日約20粒を目安にする

 

ピーナッツを使った簡単なヘルシーレシピをご紹介! 

そのまま食べてもおいしいピーナッツですが、料理に加えることで味や香りがアクセントになります。

砕いて入れるだけの簡単コツなしのヘルシーレシピを紹介しています。

野菜をおいしく食べることができるので、少し気分を変えたいときやアレンジしたいときにおすすめです。

香ばしさがクセになる? ほうれん草のピーナッツ和え

材料 2人分
  • ほうれん草 2束
  • ピーナッツ 15粒ほど
  • 砂糖  小さじ1
  • しょうゆ 小さじ2分の1
作り方
  1. ほうれん草をゆでて水気を切り、食べやすい大きさに包丁で切ってボウルに入れておく。
  2. ピーナッツを袋に入れて麺棒などで砕く。フライパンで炒ってからすりばちですりつぶと香ばしさがupします。
  3. 砂糖、しょうゆ、2のピーナッツを合わせて、1のボウルに加えて混ぜ合わせ、器に盛りつける。
ざっきー
お浸しや胡麻和えとはまた違った美味しさがあるよね!
ゆい
小松菜やさやいんげんで作っても美味しくできるよ!

きのこのサラダにピーナッツをトッピング!

キノコ類は食物繊維やビタミンDやミネラルが豊富で、一年中スーパーで見かける健康食材ですね。

むね肉やささみなどのたんぱく質と合わせることでボリュームたっぷりのサラダになります。

このレシピではドレッシングを予め食材に絡めていますので、ドレッシングをかけて食べるよりもカロリーを抑えることができます

ピーナッツの食感や香りも加わった、食べ応えのあるサラダになるので試してみてくださいね!

材料 2人分
  • ささみ2本
  • えのきやえりんぎ、マイタケなどのお好きなきのこ 1パック
  • ピーナッツ 約20粒
  • ごまドレッシング 大さじ1~2
  • 黒こしょう 少々
  • 青ねぎ 適量
作り方
  1. 鶏肉は筋を取り除き、茹でてほぐしておく。きのこは石突を切り落とし、必要なら食べやすい大きさに切って火を通しておく。
  2. ささみときのこ、小口切りにしたねぎを合わせて混ぜる。
  3. 砕いたピーナッツとドレッシング、黒コショウを加え、盛り付けて完成。
ざっきー
色々な食感が楽しめそうだね!
 
ピーナッツを使ったヘルシーレシピをご紹介!
  • ピーナッツの香ばしさでいつもの料理を簡単にアレンジできる
  • 砕いて入れるだけで栄養価がアップする
  • ピーナッツ和えやサラダが簡単に作れるので、忙しい方にもおすすめ

 

スポンサードリンク

まとめ

ピーナッツはとても手軽で美味しいおやつになりますが、

食べ過ぎたりピーナッツアレルギーなど、健康に害を及ぼすことがあることもお伝えしました。

今回紹介した

  • ピーナッツを食べ過ぎると肥満や肌荒れが起こったり、鼻血が出ることがある
  • ピーナッツアレルギーの方はピーナッツの取り扱いに注意する必要がある
  • 良質な脂質やたんぱく質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれている
  • コレステロール値を下げたり、血行促進、老化防止、快眠効果など美容や健康に役立つ
  • 食べ過ぎないように1日約20粒を心がける

を意識して、上手に食べて健康に役立てていただければ幸いです。

美味しくてついついたくさん食べてしまいがちなピーナッツですが、

健康や美容のために毎日少しずつ楽しむことを意識してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください