健康と長寿の島! 特有食品が沖縄を元気にする驚きの理由とは?

気候も良く、長寿で知られる沖縄

温かい気候で景色も素晴らしく、多くの方がバカンスの地としてよく観光に訪れる場所ですよね。

そんな沖縄はかつて琉球王国として、独立した国家だったのを知ってましたか?

独立していた時の文化が今も残っていて、独特なソウルフードが継承されているんです。

温暖な気候の影響もあって、沖縄には特有の食品が豊富にあります

そんな沖縄の食品には、健康を維持する栄養満点なものが多いんです。

今回は、そんな沖縄の食品の健康効果についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

沖縄の食品が健康に良いのはなぜ? 食品に含まれる栄養と健康の関係

抗酸化に特化した食品が豊富

沖縄のおじー(おじいちゃん)やおばー(おばあちゃん)はいつも健康で元気なんです。

その元気の源って何でしょうか?

実は、沖縄で育った野菜に秘密があります。

皆さんの沖縄のイメージってどんなものがありますか? 

景色がキレイ、料理が独特、熱い・・・。

そう、沖縄は熱い!!

沖縄は日本の南端にある島国で、南国特有の亜熱帯気候の地域なんです。

年間平均気温23℃の熱帯気候も過酷ですし、日中に降り注ぐ紫外線の強さも半端ないです。

そんな厳しい環境の中で育つためには、沖縄の植物や野菜たちは強くなければならないんです。

ゆい
ざっきーさんは、南国や沖縄の植物や野菜の色って濃いなって思った事ないですか? 
ざっきー
う~ん、言われてみれば
ゆい
濃い色になる理由は、強い紫外線から身を守るためなんです
ざっきー
えっ、そうなの? 
ゆい
紫外線に対抗するために、沖縄の野菜には抗酸化作用のある栄養素がたっぷり含まれているんです
ゆい
野菜に含まれる化学物質の事を、”フィトケミカル”と呼びます
ゆい
だから、私たちがフィトケミカルを含んだ野菜を食べると抗酸化作用のおかげでエイジングケアが出来るんですよ
ざっきー
へぇ~、すごく健康に効果がありそうだね

心を安らげる健康効果のある食品を食べている

目まぐるしく忙しい毎日を送っていると、心身共に疲れ果ててきます

そんな時、不意に”どこかのんびりできる所へ行きたい!!”と思う時がありますよね。

ひと時の安らぎとして過ごす場所に、沖縄がよく選ばれます。

なんくるないさ~(何とかなるさ)の精神がある沖縄。

沖縄の魅力の一つに、時間がゆっくり流れていく感覚ってありませんか? 

のんびりした人格が根付いているのは、気候や環境だけじゃないんです。

沖縄の人たちがよく食べる食品に、心の健康を保つ栄養素が含まれているからなんです。

現代人が不足しがちなビタミン・カルシウム・タンパク質・食物繊維などがたくさん含まれています。

どれもイライラを抑えたり、気持ちを落ち着かせたりする効果があるんです。

血中のカルシウムが不足すると脳への神経伝達がうまくいかずイライラの原因になります。

カルシウムの吸収率を高めるのにはビタミンDが必要です。

他の栄養素も色々な要因で心を楽にする健康効果を発揮するんです。

ゆい
沖縄の人たちは、毎日の食事でそれを摂取しているんですね
沖縄の食品の健康効果まとめ
  • 老化を予防する健康に効果的な、抗酸化作用のある食品が豊富
  • 毎日の食事に、イライラしない心を作る栄養素が含まれている

 

健康寿命の秘密はここにあり!! 沖縄特有の食品とその栄養価をご紹介

沖縄料理と言えば、民族料理の中でも独特の雰囲気を感じさせますよね。

沖縄料理が独特なのは、使われる食材も珍しいからなんです。

ざっきー
見た目や形が不思議だし、初めは本当に食べられるんだろうかって思うよね

沖縄の食材が独特なのには2つの理由があるんです。

沖縄の食材が独特な2つの理由
  1. 沖縄が王国を築いていて、中国や東南アジア・日本と交易していて色々な食文化が混ざっている事
  2. 平均的に気温が高く多湿な亜熱帯の地域であり、独特な食品が育ちやすい環境である事
ゆい
離島だったり、気候が本土と異なっているのが、沖縄の食品を生み出している理由なんですね

そんな、独特な沖縄の食品をご紹介します。

ゴーヤ(苦瓜)

今では、グリーンカーテンとしてゴーヤを育てている家庭もよく見かけるようになりました。

ゴーヤはスーパーでも普通に売られていて、私たちの食卓にもよく並びますよね。

ざっきー
でも、ゴーヤはあの苦みが少し苦手なんだよねぇ
ゆい
ワタをしっかり取り除いて、塩もみ・湯通しをすると苦みが和らぎますよ

ゴーヤは下ごしらえをきちんとすると、苦みが抑えられ美味しく食べる事ができるんです。

しかも体の老化を予防する健康効果が期待できるんです。

ゴーヤは「夏野菜の王様」と呼ばれる程、栄養豊富な食品です。

ゴーヤに含まれるたくさんの栄養素の中でも、ビタミンCは特段素晴らしい特性を持っています。

それは、ゴーヤに含まれるビタミンCは加熱されても壊れにくいという性質があるんです。

ゆい
ビタミンCは抗酸化作用があるので、エイジングケアにぴったりの食品ですね

黒糖

甘いのは大好きだけど、砂糖を取りすぎると体に悪そうだなぁ・・・。

そんな罪悪感がいつも頭によぎってきますよね。

でも、大丈夫です! 

沖縄の特産品である黒糖はミネラルが豊富で、肌になる健康効果があるんです。

沖縄では、温暖な気候のためさとうきびが育てやすく、よく栽培されているんです。

黒糖の原材料はさとうきびで、絞り汁を加熱して水分を蒸発させたものが黒糖です。

黒糖は白砂糖の製造工程と違って、不純物を取り除くろ過作業をおこなわないのでたっぷりの栄養とミネラルが含まれています

ゆい
食べ過ぎは注意ですけど、栄養が豊富な分、ギルティフリーな食品です。

ここでいう豚は、私たちが普段食べている豚肉ではありません。

「鳴き声以外は全部食べられる」

沖縄にはそんな言い伝えがあるんです。

ミミガー(豚の耳)・てびち(豚足)や他の部位の事です。

豚さんにはちょっと残酷ですが、感謝を込めて沖縄では豚を全て食べるんですね。

豚肉ではタンパク質やビタミンB1が取れるので、筋肉や若さを保つことができます

ミミガーやてびちは、コラーゲンが豊富で美容にいいんです。

沖縄のおじいやおばあの肌がツヤツヤして、健康で活動しているのは、豚をたくさん食べているからなんです

関連記事
豚肉の栄養について詳しく知りたいと思ったら、この記事がおすすめですよ

美容にも最適! 健康に欠かせない豚肉の驚きな効果とレシピ3選

2019年7月31日
沖縄特有の食品まとめ
  • 抗酸化作用で健康や老化予防に効果があるビタミンCが豊富なゴーヤ
  • お肌に嬉しい美容の効果があるミネラルがたっぷりの黒糖
  • つやつやになるコラーゲンを多く含んだミミガーとてびち

 

食品だけでなく料理も独特!? 沖縄を代表する絶品料理3品!

先ほど紹介した栄養満点な食材を実際に使った絶品レシピも紹介します。

是非、参考にしてみてください!

沖縄の代表料理!!ゴーヤチャンプル

チャンプルとは「ごちゃごちゃに混ぜる」と言う沖縄の方言なんです。

沖縄特有の食品を色々混ぜ合わせて炒める事で、より多くの栄養を取り入れる事ができます。

沖縄ではとってもポピュラーな料理で、とても健康に良い食べ物ですよ。

ゴーヤチャンプル の作り方をご紹介します。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぐっち夫婦の今日なにたべよう?🙋‍♂️🍽🙋‍♀️さん(@gucci_fuufu)がシェアした投稿

材料(2人分)
  1. ゴーヤ…1本
  2. 木綿豆腐…1/2丁
  3. 豚ばら肉…150g
  4. 塩・こしょう…少々
  5. 卵…2個
  6. めんつゆ…大さじ1と1/2
  7. ごま油…大さじ1
  8. かつお節…ひとつかみ(たっぷりがおすすめ)
  9. ラー油…適量
作り方
  1. 豆腐は水気を切り、一口大に切ります。
  2. 豚肉は塩・こしょうで下味をつけます。
  3. ゴーヤは縦半分にカットし、スプーンで種、わたを取ります。
  4. ゴーヤを薄切りにし、塩をもんで5-10分置いておきます。
  5. 卵は溶いておきます。
  6. フライパン熱しごま油を入れ、豆腐の焼き色がつくまで両面しっかり焼きます。
  7. 豚肉を入れて炒め合あわせ、お肉の色が変わってきたらゴーヤを入れます。
  8. ゴーヤがしんなりしてきたら、めんつゆを入れ炒め合わせ、卵を加えてざっと合わせます。
  9. 器に盛り、かつお節をかけます。
  10. お好みでラー油をかけます。
ゆい
豆腐の両面をしっかり焼いて水分を飛ばすのが、美味しく作るポイントですよ

沖縄ではどこでも食べられている郷土料理!!てびち

「てびち」とは豚足の煮つけの事をいいます。

見た目は少しクセがありますが、長時間煮込むので、柔らかくとっても美味しいんです。

煮込むとゼラチン質になる軟骨の部分には、コラーゲンがたっぷり含まれています。

てびちの作り方をご紹介します。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

琉球酒場 美・ちゅらさん(@churachura.kumegawa)がシェアした投稿

材料
  1. てびち…400g
  2. 水…600ml
  3. 料理酒…1カップ
  4. 砂糖…大さじ2
  5. みりん…大さじ2
  6. 醤油…1/2カップ
  7. しょうが…50g
作り方
  1. てびちに毛がある場合、バーナーで焼くか包丁等で毛のある部分を取り除き ぶつ切りにします。

  2. てびちを先に浸かるぐらいの水を加えて煮立てます。

  3. アクをとりながら15分ほど煮立てた後、てびちだけを取り上げ軽く水洗いします。

  4. 鍋に水・料理酒・砂糖・みりん・醤油・しょうがを加えアク取りをしならがら3時間ほど煮込みます。

ゆい
コラーゲンは肌の張りを維持するので、女性にはとっても嬉しい効果ですね

シンプルだけど栄養満点!!海ぶどうのサラダ

名前に「ぶどう」とはいってますけど、フルーツじゃありませんよ(笑)

海藻なんですけど、ぶどうのような形をしているので、海ぶどうって呼ばれているんです。

ゆい
独特な食感が愛されている食品ですよね
ざっきー
あの、プチプチした食感がやみつきになるんだよね~

海ぶどうはミネラルが豊富で、抗酸化作用で老化予防に効果的です。

手間のかからない、海ぶどうのサラダの作り方をご紹介します。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tomoki Takemuraさん(@tomoky_take)がシェアした投稿

材料
  1. 海ぶどう…20g

  2. 生ハム…4枚
  3. グレープフルーツ…1/2個

  4. 玉ねぎ…1/2個
  5. シーザードレッシング…適量
作り方
  1. 玉ねぎをスライスにします。
  2. グレープフルーツの皮を剥きます。
  3. 1~4の材料を混ぜ合わせ、盛り付けます。
  4. お好みでシーザードレッシングをかけます。
ゆい
サラダなので、色々な野菜や温泉たまごを加えても美味しいですよね
沖縄を代表する料理の作り方まとめ
  • 苦みが抑えられた美味しい、ゴーヤチャンプル
  • 女性に嬉しい、コラーゲンたっぷりのてびち
  • ヘルシーで簡単に作れる海ぶどうのサラダ

 

スポンサードリンク

まとめ

沖縄は日本でも長寿で有名な島国ですよね。

同時に笑顔の絶えない健康な人たちがたくさん暮らしています

何でかなぁ~と調べていくと、今回ご紹介した沖縄特有の食品が健康を支えているのが分かりました。

  • 熱い気候に負けない様に、抗酸化作用のある食品がたくさんある
  • 健康維持に欠かせないタンパク質やミネラル・ビタミンを含んだものを食べている
  • シンプルな調理で、栄養まるごと含んだ食べ物を毎日食べている

沖縄の食品って独特なものが多いですけど、毎日食べていくととても美味しく感じます。

沖縄料理店もいまでは流行っています。

それに健康と長寿に欠かせないとなれば、生活に取り入れない理由はありません。

ゆい
みなさん、沖縄の食品を上手に生活に取り入れて
ゆい
うーまくーに暮らしてくぃみそーれー
ざっきー
・・・えっ、何それ?
ゆい
沖縄の方便で「元気にくらしてくださいね」って意味ですよ

是非、沖縄の食品を試して、健康に役立てていきましょう!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください