健康のために毎日味噌を食べよう! おすすめの市販味噌4選

最近、テレビの健康番組で、味噌が取り上げられることが増えてきています。

というのも、味噌には美容や健康に良い効能がたくさんあるからなんです!

関連記事
味噌と健康・美容についての記事はこちら!

日本人なら健康は味噌から! 美容にも良いその驚きの効能を紹介

2019年10月1日

この記事でもご紹介しているように、味噌は、

味噌の効能まとめ
  • 大豆よりも栄養素が豊富で、健康に必要な必須アミノ酸をすべて含む
  • 美容に効果をもたらすビタミンB群が豊富
  • 抗酸化作用で老化を防止可能
  • 乳がんのリスクを低減可能

という、健康にも美容にも良い効果を持っているんです!

ただし、味噌と一言で言っても種類はたくさんあります。

そこで今回は、味噌の種類についてご紹介するとともに、

おススメの味噌を4つご紹介していきたいと思います!

 

スポンサードリンク

味噌にはどんな種類があるの?

味噌は古くから日本各地で親しまれてきました。

長い歴史の中、その地域の風土や環境によって、様々な味噌が生まれました。

味噌は大きく分けて米味噌、麦味噌、豆味噌、調合味噌の4種類に分類することができます。
その中でも、現在国内で生産されている8割が米味噌です。

引用元:マルコメHP

とあるように、日本国内で最も生産され、消費されているのは「米味噌」という味噌ですが、

他にも、麦、豆を原料にする味噌や、様々な原料を混ぜた調合味噌もあります。

まずは、それぞれの特徴についてご紹介します。

栄養のバランスならこれ! 米味噌

日本の味噌のうち約8割が米味噌と言われ、スタンダードな味噌です。

大豆と塩に米を加えて作られ、東日本でメジャーな味噌です。

米、麦、豆味噌の中では栄養素のバランスが良いです。

甘いものから辛いものまで、味は様々であり、

「白味噌」と言われるものは、米味噌の1種類になります。

食物繊維が豊富! 麦味噌

大豆と塩に麦を加えて作られ、西日本でメジャーな味噌です。

香りが芳醇で、甘味があるのが特徴です。

また、麦味噌は米味噌よりも多くの食物繊維を含みます。

麦味噌に含まれる食物繊維は、糖質の吸収を抑え、血糖値の急上昇を抑制してくれます。

ゆい
糖質ダイエットをしている人におススメね!

高タンパク低炭水化物! 豆味噌

大豆と塩だけで作られる味噌です。

甘さはやや控えめで、見た目は赤みがかっています。

原料が大豆だけということもあり、タンパク質を豊富に含み、炭水化物も少ないです。

また、ナトリウムやカリウムといったミネラル成分も、他の味噌より多く含んでいます。

そして何より、米や麦を使っていないので、炭水化物も少ないんです!

ゆい
カロリーが控えめなのはありがたいわね!
ざっきー
運動をする人にもおススメしたいな。

ちなみに、味噌の中でもよく名前を聞く「八丁味噌」も、豆味噌なんです。

八丁味噌は、岡崎城から西へ八丁(約870m)の距離にある岡崎市八帖町(旧・八丁村)で、江戸時代初期より、旧東海道を挟んで向かい合った2軒の老舗が伝統製法で造り続けている豆みその銘柄です。大豆と塩のみを原料に、大きな杉桶に仕込み、天然の川石を山のように積み上げて重石とし、天然醸造で二夏二冬(ふたなつふたふゆ)以上の間熟成させます。 味は大豆の旨味を凝縮した濃厚なコクと少々の酸味、渋味、苦味のある独特の風味が特徴です。

引用元:株式会社カクキューHP

とあるように、八丁味噌とは、愛知県岡崎市で作られる伝統的な豆味噌のことなんです。

色が暗くてかたく、濃いうまみがあるのが特徴です。

お好みでどうぞ! 調合味噌

米味噌、麦味噌、豆味噌を2種類以上混ぜ合わせたものです。

成分や風味等、組み合わせによって様々なパターンがあります。

単一の原料にこだわらず、自分の好みを探すことができます。

原料以外にも分類の仕方が!

ここまで、米、麦、豆といった、原料による分類を紹介してきましたが、

味や色による分類もあるので、簡単にご紹介します。

味による分類

味噌は、食塩や麹の分量によって、「辛口味噌」「甘口味噌」「甘味噌」に分類されます。

食塩の量が同じであれば、麹の量が多い方が甘くなります。

色による分類

原料の種類・品種や、原料の使い方、麹の量等によって、

完成したときの色が変わります。

その分類には、「白味噌」「赤味噌」「淡色系味噌」があります。

味噌の分類まとめ
  • 米味噌…最もメジャーな味噌、栄養のバランスがいい
  • 麦味噌…食物繊維が豊富で、糖質の吸収を抑制
  • 豆味噌…タンパク質が多く、炭水化物が少ない
  • 調合味噌…好みによって味噌を作れる
  • その他、味や色による分類もある

 

味噌の種類別! おススメ味噌4選

味噌の種類は分かったけど、どんな味噌を買えばいいのか分からない…

という方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は米、麦、豆、調合味噌といった、

原料ごとのおススメ味噌をご紹介していきます!

まずは王道! 米味噌ならこれ

こちらは、「お味噌なら…」のテレビCMでおなじみ、

ハナマルキさんの米味噌です!

国産米のみを使用した無添加の味噌で、まろやかな味です。

色の分類だと、淡色系味噌になります。

味のバランスも良く、様々な食材と合わせることができるので、

魚の味噌煮などにも使いやすいと思います!

糖質が気になる方へ! 麦味噌ならこれ

こちらは、おススメの麦味噌です!

甘味と塩味がちょうどよく、をたっぷり使った白味噌です。

香りもすっきりとしているので、お味噌汁にもぴったりですね。

ダイエット中・筋トレ中の人に! 豆味噌ならこれ

 

こちらは、おススメの豆味噌です。

豆味噌の中でも、愛知県岡崎市で伝統的に製造される、「八丁味噌」です。

この独特のうま味を使って味噌煮込みうどんを作れば、

風味豊かで思わずおかわりしたくなるものができるかもしれません!

それぞれの味噌のいいとこどり! 調合味噌ならこれ

こちらは、米・麦・大豆のすべてを使った調合味噌です。

原料それぞれの特徴を大切にしていて、味のバランスも良いです。

全部の味噌のメリットをまとめて取り入れたい、という人におススメです。

 

種類別おススメみそまとめ
  • 米味噌は、国産米だけを使用したハナマルキの味噌がおすすめ!
  • 麦味噌なら、麹をたっぷり使ったフンドーキンのものが良い!
  • 豆味噌を食べる? 本場の八丁味噌を食べよう!
  • 調合味噌のおススメは、米・麦・豆をバランスが良い地蔵味噌!

 

スポンサードリンク

まとめ

これまで、味噌にはどんな種類があるのかあまり知らなかったり、

買う味噌についてあまり気にしていなかった…という方も多いと思います。

この記事を読んで、

  • 米味噌は、最もメジャーで、栄養のバランスがいい
  • 麦味噌は、食物繊維が豊富で、糖質の吸収を抑制
  • 豆味噌は、タンパク質が多く、炭水化物が少ない
  • 調合味噌は、好みによって味や香りを変えられる

というように、味噌にはそれぞれ特徴があり、自分の好みや、健康への目的で、

味噌を選ぶことができることを知っていただけたと思います。

これを機に、ぜひ、自分に合った味噌を探してみましょう!

その第一歩として、この記事でおススメした味噌を試してみるのはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください