健康の為に知っておきたい! マラソンのこれが体に悪い原因?

ここ数年、歩いているとよくすれ違うんです。 

スタイリッシュなランニングウェアに身を包み颯爽と走るマラソンランナー達…。

昔から走る事が苦手だったので羨望と嫉妬の眼差しで眺めていました。 

お金もかからないし、スリムになって程よく筋肉もつきそう。

マラソンはまさに理想の運動方法なのでは。

しかし、こちらは歩いてるだけでも息を切らしてしまうので単純に長時間走るなんて心臓に負担がかかりそう!

本当に理想の運動なのか!? ましてや太ってる人や日頃から運動不足などの人に適しているのか?

以前、某タレントさんがマラソン中に心肺停止状態になったとニュースになっていましたね。

そこでこれから運動でマラソンを始めようと考えてる方必見!

健康のために始めるマラソンが体に悪い影響を及ぼしてしまう落とし穴をいくつか紹介します!

 

スポンサードリンク

実は危険!?マラソンの注意点とは?

間違ったマラソンによって体に危険を作ってしまう事はご存知ですか?

マラソンを始める前に注意点を確認する事で危険を回避しましょう!

体が悲鳴を上げる前に予防しよう

マラソンと言えば有酸素運動ですね。

ざっくり言うと有酸素運動は体脂肪の燃焼の他にも持久力向上を主に行ってくれるそうですが…。

過度に有酸素運動をすると体内に活性酸素が大量発生して自分の細胞をアタックしてしまう事があるようです。

マラソンで過度な有酸素運動とは個人差はありますが長時間、早いスピードで走ると体に負担はかかりそうですね。

一般的に脂肪燃焼には有酸素運動を20分以上継続が効果的です。

しかし90分を過ぎるとタンパク質を失い筋肉量が減り、基礎代謝も下がってしまうそうです。

結果、新陳代謝を悪くし疲労が溜まり老化を早めかねないなんて事も。

無理をせず、自分が心地良いと思える程度に走ることが体にも良さそうですね。

ざっきー
えー!長時間たくさん走る事はいいと思ってた!
ゆい
運動とはいえ体に過度のストレスは禁物ね!
過度な有酸素運動
  •  長時間、早いスピードで走ると体に負担
  •  90分過ぎるとタンパク質を失い筋肉量は落ちる
  •  老化を早める

ビギナーがマラソン大会に挑戦する前に知っておきたい事

マラソン初心者が目標としてマラソン大会に出ることは憧れますよね。

なんだか走り始めは自分にも出来そうかもと思ってしまいがちです。

軽い気持ちで挑戦を考える前にマラソン大会で毎年結構な人数が心筋梗塞等の健康被害に遭われてるのはご存知でしょうか。

特に年齢的に中高年の方に多いそうです。

マラソンをすると血圧が変動します。

最近のマラソンブームに警告を鳴らすお医者さんもいます。

虚血性心疾患など血管に異常がある人は絶対に無理をしてはいけない。

日頃から訓練してるプロでも倒れる方もいます。

完走を目標にしたい気持ちはだれもがあると思いますが、出来る限り無理をしないことが大切ですね!

あと、挑戦の前にメディカルチェック等を受け自分の体を知ることも大切です。

ざっきー
自分にあった方法でマラソンに挑戦したいですね!
マラソン注意点
  • 自分の体を知る(メディカルチェック)
  • 目標はマラソンを楽しむ
  • 無理をしない

 

ダイエットに逆効果!? 正しく痩せるマラソンとは?

マラソンで理想のプロポーションを手に入れたいですよね。

効率よく痩せる為に知っておきたいことをご紹介します!

マラソンをすると太る? 原因を知って痩せよう!

痩せようと始めるマラソンにも落とし穴はあります。

まず、走るペースが早過ぎるとダイエット効果があまり期待出来ないようです。

早過ぎるペースが心拍数に負担を掛けてしまい走るためのエネルギーを糖質から使ってしまいます。

本来、落ちて欲しい脂質の燃焼が進まず思うように痩せれないようです。

ゆい
健康のために痩せたい人は早過ぎるペースに注意が必要ね!
ざっきー
じゃあ、適度なペースてどのくらいなのかな?

一般的に痩せたい人は大体1kmを8分ぐらいの範囲内で走ると良いと言われています。

ゆい
今はマラソン用のスマートウォッチも沢山の種類があるので利用してみるといいかもね

 

ざっきー
ただ無闇に走るのではなく具体的な数字は効果が出やすいし、自分のペースも分かるから効率的だね!
痩せにくいマラソンの特徴
  • 過度なスピード
  • 自分の体のペースが分からない

マラソンの為の理想の食事とは?

運動後はお腹空きますよね。

運動してる安堵から、油断して食べ過ぎると当然ですが太ります…

なのでエネルギーとなる糖質も適切な量を摂ることが大切です。

あと、筋肉の元となるタンパク質を取らないと基礎代謝が上がりにくい痩せない体になりがちです。

ざっきー
走る時に必要なタンパク質は大切なんだね!
ゆい
そうだね! 体の疲れもたんぱく質を摂ることによって軽減されるので覚えておくといいよ!
ざっきー
そうなんだ! 覚えておくね!
関連記事
食事の健康管理ができるアプリがありますのでこちらを参考に読んでみて下さい

健康を目指している人必見! 機能充実の無料アプリ3選!!

2019年6月26日
ゆい
アプリなど使って自分の体にあった摂取量を調べて見るといいですね!
効果的な食事のために
  • 筋肉に必要なタンパク質
  • 適度な糖質

 

気付かないうちに体に負担が!? 正しい姿勢とは?

一人で気軽に出来るのがマラソンの良いところでもあります。

ですが、一人で気軽に出来るからこそ、自分なりの走り方になって体の負担が大きくなりがちです。

そこで間違った姿勢で走って怪我をしない為の正しい基本姿勢を身に付けましょう!

正しい基本姿勢とは?

ビギナーは自然と悪い姿勢のまま走ってしまいがちです。

悪い姿勢で長距離を走ると体に負担を与え疲れやすくなります。

結果、走るのが辛くなり疲労だけを溜めてしまいます。

では、正しい走り方はどうやって身につけるのか!?

その前に基本姿勢を身に付けましょう!! 体幹の意識が大切です。

こちらの動画でわかりやすく解説しているのでよかったら一緒に見てください。

ランニングの基本姿勢とは
  • 体幹を意識する
  • 足を拳二つ分開く
  • 胸をしっかり開く
  • 骨盤を前傾にする

マラソン時の怪我の原因と予防

一人で気軽に始めやすいマラソンだからこそ怪我の原因を作ってしまいがちです。

特に脚の怪我は断トツで多いです。

肉離れや捻挫は代表的です。

ランナー膝や足底筋も過度な運動によって炎症を起す症状です。

これらは過度な運動と不十分なストレッチ、筋力不足が原因によって引き起こされます。

またランニングフォームが悪いのも体に負担をかける原因となります。

やはり、無理をせず日頃からストレッチや筋力を鍛えておく事が怪我の予防にもなります。

また、少しでも違和感を感じたら無理をせず病院に行ったり休養を取る事も大切です。

怪我の予防
  • ストレッチ
  • 筋力を鍛える
  • しっかり休む
  • 正しいランニングフォーム
ざっきー
無理をせず日頃から怪我に備えよう!

 

スポンサードリンク

まとめ

気軽に出来るマラソンだからこそ始める前に自分の体を知る事が大切です。

そうすることによって怪我などの危険を未然に防ぐことが出来ます!

せっかく始めたばかりなのにケガなどでやる気をなくしてすぐやめてしまうのはもったいないですからね…

そこで今回紹介した

  • 過度な有酸素運動をやめる
  • メディカルチェックを受ける
  • 自分のペースを測る
  • 運動後の適切な食事などを知る
  • マラソンの基本姿勢を身に付ける
  • ストレッチや筋力を鍛え怪我を予防する

以上の事を抑えておきましょう!

健康のためにと思って間違ったマラソンをすると逆効果になってしまうと残念です。

そのためにも自分の体を知って効率よく健康を手にいれましょう!

理想の体型になってカッコいいランニングウェアを着てみたいです(笑)

是非、参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください