健康にくるみがいいと話題に? その驚くべき栄養と効果を調査!

最近は、健康に興味を持つ人が増えてきましたよね。

わたしもその1人ですが、ネットやニュースで様々な健康情報が飛び交っていて、どれがいいか迷いますよね。

どうせ選ぶなら「健康、美容、ダイエット」この3つに効果がある食品を選びたいですね。

そんな都合のいい食品として話題になっているのがくるみです!

実は、人類が最初に食べた木の実として昔から親しみのある食品なんですよ。

そこで今回は、くるみについて徹底調査しましたので参考にしてみてください。

小腹が空いたときのおやつをくるみに代えるだけで、大きく変わるかもしれませんよ!

 

スポンサードリンク

くるみの驚くべき健康効果とは?

じつは今、健康の為にクルミを食べる方が多くなっております。

数年前から人気になっていて、栄養管理士もおすすめするくらいです!

そんな人気の理由を調査しましたので紹介します。

くるみは血液をサラサラにする効果がある?

くるみの成分は、半分以上が脂質です。

「脂質が多いと健康に悪そう」って思いますよね。

ですが、くるみの脂質は身体に必要な必須脂肪酸(リノール酸とαリノレン酸)です。

この必須脂肪酸は、血液をサラサラにする効果があります。

ゆい
体に必要な脂肪酸は体の負担も少なく、重たく感じることも少ないよ!

老化防止やアンチエイジング効果もある!

くるみには老化防止やアンチエイジング効果あるポリフェノールを多く含んでいます!

また、悪玉コレステロールを軽減したり、がんや脳梗塞などの生活習慣病予防にも効果があると期待されています!

ざっきー
手軽にポリフェノールがたくさん摂れる食品はおすすめだね

ビタミン・ミネラルのバランスがいい

くるみにはビタミン・ミネラルがバランスよく豊富に含まれているので、滋養強壮に効果絶大の栄養価の高い食品と言われています。

さらに、食物繊維も多く含まれています。

便秘解消はもちろん、美肌・美髪にも効果があり女性にもうれしい健康食品ですよね。

ゆい
腸内美人は肌美人って言われているよね!

くるみは糖質・コレステロールが低い

クルミはカロリーの高い食べ物として知られています。

ダイエット中の人は、敬遠したくなりますよね。

実はコレステロールはゼロ、糖分も非常に少ないので、実際には太りにくい食品なんです。

ダイエットを気にしている人にも、小腹が空いたときのおやつに最適ですよ。

ざっきー
いくら健康にいいと言っても食べ過ぎはもちろん注意だよね…
ゆい
そうだね! 一日の目安は大体10粒ぐらいだね!
くるみの驚くべき健康成分とは
  • 血液をサラサラにする必須脂肪酸(リノール酸とαリノレン酸)が含まれている
  • 老化防止やアンチエイジング効果があるポリフェノールを多く含んでいる
  • 美容や便秘効果があるビタミンとミネラルのバランスがよく、非常によく含まれている。
  • コレステロールはゼロ、糖分も非常に少ない。

 

古くからくるみは様々な地域で昔からなじみがあった?

くるみの歴史は古く、紀元前7000年ころから食べられていたそうです。

ではその歴史を軽く振り返ってみましょう!

古代ギリシャ人やローマ人もくるみをよく食べていた!?

古代ギリシャやローマでは、くるみを食べると非常に元気になると広められていたそうです!

また、くるみはナッツの語源ともいわれているそうです!

ゆい
結婚式や新婚カップルに縁起物としてクルミを投げる習慣があったそうよ!

暴飲暴食の中世北欧貴族達はくるみで体調管理をしていた?

中世北欧の貴族では、ˑ秋の収穫で採れたくるみが冬の暮らしにかかせない貴重な保存食だったそうです。

なので北欧では収穫祭の時には各家庭のテーブルにくるみ割り人形を置くのが代々からの習わしになったそうです。

きっと、暴飲暴食な生活を続けていた貴族達が、悪玉コレステロールを減らし、血液サラサラになることを身をもって感じ取っていたのかもしれませんね(笑)

昔から欧米ではくるみをプレゼントする習慣があった!

欧米では、古来から貴重な栄養源とされ、生命や永続性を象徴するものとして結婚式やクリスマスにプレゼントする習慣があったそうです。

くるみは天然の睡眠薬などと呼ばれていて、睡眠効果や記憶力向上効果などもあります。

平和で長生きするには、よく眠り、心穏やかに生活することも大事ですよね!

ざっきー
くるみは縁起がいいプレゼントだったんだね!

くるみは昔からの漢方薬!

漢方では、くるみのことを助陽薬と呼び、陽気(元気)の衰えを回復する食材として重宝されてました。

さすが中国4000年の歴史です。

くるみの歴史について
  • 古代ギリシャ、ローマ人はくるみをよく食べていた
  • 中世北欧ではくるみは貴重な保存食だった
  • 欧米ではくるみは縁起物でプレゼントによく使われていた
  • 中国でもくるみは昔から漢方に使われていた。

 

くるみの割り方や保存法をまとめて紹介!

くるみの効果やレシピについてわかったところで次は実際にくるみの割り方や保存法を紹介します!

是非、参考にしてみてください。

くるみを簡単に割る方法を紹介します!

くるみを割る道具として一番イメージするのはくるみ割り人形ですよね。

割る以外でもインテリアになったり、飾るだけでもおしゃれですよね!

ですが意外とうまく割れないんですよね…(笑)

そこで簡単にくるみを割ることが出来るアイテムがあるのでよかったら参考にしてみてください!

割り方の動画もありますのでよかったら一緒にみてください!

ざっきー
くるみの割れ目に沿って割るだけだからシンプルで簡単だね!

くるみの保存方法はどうすればいい?

すぐ食べるならいいのですが、殻を割った中身を長期に放置すると酸化してしまいます。

なのでジップロックなどで密閉して出来る限り、酸化しないようにして冷蔵庫に入れるようにしましょう!

ゆい
冷蔵庫に保存したら大体3カ月ぐらいは持つそうだよ!
ざっきー
ちなみに殻付きのくるみはどうなの?
ゆい
殻つきは冷暗所に置けば数年は持つそうだよ!

殻を割るのは面倒な方必見! から無しのくるみも売っております!

正直、殻を割るとテーブルは汚くなるし、面倒と思う方は多いと思います

しかも間食に殻ありのくるみをたべるのは時間的にも時間がかかりますし、周りの目も気になりますよね…(笑)

そんな方にはこちらがおすすめです!

ゆい
これならそのまますぐ食べられるし、スイーツやサラダにもすぐ使えるね!
くるみの割り方や保存法について
  • くるみを簡単に割るならナッツペンチがおすすめ!
  • 殻をむいたくるみは酸化するので密封して冷蔵庫で保存(3か月ぐらいは持つ)
  • 殻を割るのが面倒な方はから無しくるみがおすすめ!

 

他にもくるみにはこんな活用法があります!?

くるみには食べる以外にも様々な使い方があります。

どんな使い方があるのか調べてみました!

指先運動で脳を活性化!

殻のままの割っていないくるみを二つ、片手に持って右回り・左回りと回します。

指先の使用といびつな形の刺激・難しさで、脳が活性化します。

実際にマッサージ用に作られたグッズもありますのでよかったら見てください!

ざっきー
手のひらで回すだけでリフレッシュやリラックス効果があるのはいいね!

くるみの殻がおしゃれなインテリアに!

中身を食べたあとの殻がインテリアによく使われます!

殻を庭の飛び石やレンガの隙間などに敷くのですが、コントラストが合うんです。

また、適度な弾力が足に伝わり気持ちいいですよ。

また、きれいに割った殻の断面はハート型なので部屋のインテリアに利用する人も多いようですよ。

後はくるみのリースも家にあるとおしゃれですね!

ゆい
くるみを食べるだけでなく、殻も活用できるのは一石二鳥だね!
くるみにはこんな使い方も
  • 2個のくるみの殻を手のひらで回し、脳を活性化する。
  • ハート型のくるみの殻でおしゃれなインテリアに早変わり。

 

スポンサードリンク

まとめ

くるみは栄養価が高く、健康やダイエット、美容にも効果があって様々な所で優秀な食材ですね!

また手軽で保存も効くので間食のおやつにはもってこいです!

そこで今回の話をまとめると

  • くるみには様々な健康効果がある(血行促進、老化防止、腸内環境改善、ダイエット効果など)
  • くるみの歴史は古く、古代ローマ、ギリシャからなじみがあった
  • くるみは食べるだけでなく、他にも使い方がある(マッサージやインテリア)

以上になります!

いくら健康にいいからといって食べ過ぎるのはもちろん良くないのでほどほどに食べるようにしましょう!

是非、より手軽に健康になれるようにくるみを試してみてください!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください