健康と牛肉には深い関係が! 脂身と赤身の意外なメリットもご紹介

かつて、お肉を食べすぎると肥満や動脈硬化になってしまう…と思われていた時期がありました。

しかし、お肉、その中でも牛肉には、健康に良い成分が多く含まれており、

近年では、ある健康における大きな発見もありました。

今回は、その牛肉の健康へのメリットとともに、

牛肉を使った簡単なレシピについてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

牛肉について改めて知ろう!

牛肉と言えば、豚肉や鶏肉と並んで、日本人の食卓に並ぶことの多い食肉です。

そんな牛肉ですが、栄養面において、他の食肉とどう違うのか、

説明できる人はなかなかいないと思います。

また、脂身や赤身といった部分の、気になる健康への効果についても、

ここでご紹介していきたいと思います。

健康面から見た牛肉の特徴

他の食肉と比較すると、牛肉には鉄分が多く、また、亜鉛が非常に豊富に含まれています。

鉄分は、赤血球中に存在し、酸素を運ぶ役割があり、貧血の人にとって大事な成分です。

そして、亜鉛は、タンパク質の合成に役立ち、味覚を正常に保つ働きがあり、

運動をする人や、お酒を飲む人に摂取をおススメします。

牛肉の脂身が持つ驚くべき健康への効果!

近年まで、肉の脂身は、血中コレステロールを上昇させると考えられていました。

しかし、その脂身に含まれるオレイン酸には、驚くべき効果が発見されました。

牛肉・豚肉の主要な脂肪酸である、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸には、すぐれたLDL降下作用のあることも発見されたのです。

引用元:公益財団法人 日本食肉消費総合センター

LDLというのは、悪玉コレステロールとも呼ばれ、

心筋梗塞や脳梗塞の原因になってしまうこともあります。

つまり、牛肉を食べと、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを低減させることができるんです!

ざっきー
コレステロールが上昇すると思ってたけど、逆だったんだね!

牛肉の赤身は健康的かつ低カロリー!

牛肉の赤身の部分には、タンパク質と鉄分が多く含まれています。

三大栄養素の一つであるタンパク質は、体を形作る要素であると同時に、

体の機能を調整する役割もあります。

筋肉や内臓、髪の毛や皮膚も、主にタンパク質で作られています。

また、そのタンパク質の中でも、牛肉の赤身にはL-カルチニンが多く含まれています。

これは、筋肉痛を緩和するとともに、脂肪をエネルギーに変換するのを助けます

運動をしたり、ダイエットをしたりする人には是非おススメしたい成分です!

そして、赤身肉は肉類の中でも低カロリーです。

お肉と言えばカロリーが高そうな印象がありますが、

赤身であれば、そんな心配は無用となります!

また、牛肉の中で、最も脂身が少ない部分は牛もも肉です。

徹底して摂取したい人には、牛もも肉をおススメします。

ゆい
お肉を食べると太っちゃいそうだったけど、赤身なら安心ね!
牛肉の健康効果まとめ
  • 鉄分や亜鉛が豊富で、体のパフォーマンスを維持
  • 実は、脂身はコレステロールを減らすことができる!
  • 赤身は低カロリー高たんぱく!

牛肉以外の身近な食肉である豚肉鶏肉についての関連記事についてもご紹介します!

 

牛肉を食べて健康になろう! おすすめレシピ3選

牛肉は、日本の食卓によく並ぶ食肉の一つです。

和牛という言葉もあるように、日本において、牛肉は非常に身近なものになってきています。

また、世界においても様々な料理で使われています。

今回はそんな牛肉を使った料理の中から、3つのレシピを紹介していきたいと思います。

やっぱり、牛肉と言えばすき焼き!

日本人が牛肉を食べる、そんな中でよく思い浮かぶのはすき焼きだと思います。

牛肉の味を楽しみつつ、野菜や豆腐といった健康的なものも食べることができます!

すき焼きの作り方

材料

  • 牛肉(薄切りロース)…350g
  • ねぎ…2本
  • 白菜…300g
  • しらたき…200g
  • 焼き豆腐…1丁
  • しいたけ…6個
  • 卵…4個
  • サラダ油…適量
  • しょうゆ…100ml
  • みりん…100ml
  • 砂糖…大さじ2
  • 水…200ml

作り方

  • 牛肉を3等分に切り、ネギを1cm程度の斜め切り、白菜をざく切り、しいたけの軸を切り、焼き豆腐を食べやすい大きさに切る
  • しょうゆ、みりん、砂糖、水を混ぜ、割り下を作る
  • しらたきを食べやすい大きさに切り、下ゆでする
  • 鍋でサラダ油を熱し、ねぎを焼き、牛肉の両面を焼く
  • 割り下を鍋に入れる
  • 他の具材を入れ、弱火で煮込む
  • 全ての具材に火が通ったら、溶いた卵につけて食べる
ざっきー
とろとろの卵で食べる牛肉は最高だね!
ゆい
日本酒を飲みたくなるわね

ロシアの牛肉料理、ビーフストロガノフ!

牛肉は、日本以外でも、世界中で料理に使われています。

そんな中で、今回は、ロシアの牛肉料理、ビーフストロガノフを紹介します。

海外の料理は、難しそうだったり、材料が珍しいものであったりということもありますが、

今回は簡単に手に入る食材を主に使ったレシピを紹介します!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最近のdinner🍽 でんでんでーん。 #ビーフストロガノフ #モツ煮 #チキントマトチーズ #ネギチャーシュー #青椒肉絲

しーちゃん(@sin_cook)がシェアした投稿 –

ビーフストロガノフの作り方

材料

  • 牛肉(薄切りロース)…300g
  • 玉ねぎ…1個
  • しめじ…1パック
  • ご飯…適量
  • バター…大さじ1
  • パセリ、塩、こしょう…各少々
  • トマトピューレ…150g
  • デミグラスソース…100ml
  • 水…200ml

作り方

  • 牛肉を3等分に切り、玉ねぎを薄切りにし、しめじは石づきを切って分ける
  • 鍋でバターを熱し、玉ねぎを炒め、しめじ、牛肉を加える
  • 塩とこしょうを軽くかける
  • トマトピューレ、デミグラスソース、水を鍋に加え、弱火で煮込む
  • ご飯と共にお皿に入れ、パセリをかける
ゆい
名前だけ見ると難しそうだけど、実は簡単なのね!

実は簡単! ローストビーフ

近年、「ローストビーフ丼」という言葉をよく耳にするようになったと思います。

牛肉の赤身を使って作るローストビーフは、実は簡単で、栄養的にもバッチリなんです!

今回はその中でも、特に簡単に作る方法についてご紹介します!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ローストビーフを作りました😃 土鍋の余熱を利用してピンク色に仕上がりました。 #ローストビーフ

Mitsue Nagaoka(@mitsue.nagaoka)がシェアした投稿 –

ローストビーフの作り方

材料

  • 牛肉(モモブロック)…400g
  • 塩、こしょう…各少々
  • サラダ油…大さじ1

作り方

  • 牛肉に塩とこしょうをすり込む
  • フライパンにサラダ油を熱し、牛肉に強火で焼き色を付ける
  • 牛肉を取り出しラップで包み、その上からさらにポリ袋等で包み、空気を抜く
  • 沸騰した鍋のお湯に、袋ごと牛肉を入れ、3分ほど加熱する
  • 火を止め、鍋にフタをし、20分程度放置する
  • 袋を取り出し、そのまま冷ますと完成!
ざっきー
丼にして食べることを考えると、お腹が減ってきたなあ。
ゆい
手間も洗い物も少なく済みそうでいいわね!

 

スポンサードリンク

まとめ

牛肉は、健康に良い食品でありながら、とても身近なものであり、

スーパー等で簡単に買うことができます。

また、牛肉を料理に使うことで、食事の幅を広げることもできます。

脂身の部分があまり健康に良くないのでは…と思って、

豚肉や鶏肉を使って料理をしていた人も、今回ご紹介したように、

  • 豊富な鉄分や亜鉛で、体のパフォーマンスを維持
  • 脂身はコレステロールを減らすことができて体に良い!
  • 赤身は低カロリー高たんぱくでダイエットに最適!

という、牛肉の健康面でのメリットを知っていただけたかと思います。

日々の食生活に牛肉を取り入れ、健康的な毎日にしていきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください